スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタドラ新作『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania』、本格始動1。日本列島に新作降臨し、大地を裂く。+『優しさの理由』

皆様おはようございます。
吹田の国の旅人です。






諸葛亮わいく41



今年も変わらず、
走る音ゲーマー
として活動していく所存ですので、宜しくお願いいたす。






〇ギタドラ新作『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania 』、開幕。OPENING CEREMONY。


改めまして、おはようございます。

真冬の雨の日の夜にランニングしたら、凍死しかけた
吹田の国の旅人です。
いや、本当ですよ。あれはヤバイですよ。
『一度、雨が染み込んでしまったら、何枚着込んでいようが無意味』
という事を身を持って思い知らされる結果に。
吹雪の雪山では、どれだけガチガチに着込んでいても関係なく遭難してしまうというのは、
結局こういう事だったのかな、などと思った、雨の夜。

まだまだ、走れる音ゲーマーへの道のりは遠い。




さて、本日も一気に
コナミ・アーケード音ゲー・ギタドラネタで参りましょうか。


先日の事。
ギタドラの新作であらせられる所の

『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania』

が、2013年2月14日に遂に稼働を開始いたしましたね。
これでギタフリは21作目、ドラムは20作目と言う
まさに大長編と呼ぶに相応しい圧倒的なシリーズ数を重ねてここに至るのであります。
(流石にBEATMANIA、DDRには敵いませんけどね)
時はバレンタインデーでしたが、そんなものを軽く吹き飛ばしつつ、
全国津々浦々のチョコレートを全て溶解し尽くすほどの熱風を巻き起こしながら
新筐体、XG筐体ともども降臨なされたのでありました。

こんな感じで





GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania・筐体

(GITADORA GuitarFreaks & DrumMania・XG筐体)



御覧の通り、私も早速
張り裂けんばかりの勢いを持って新作との御対面を果たし、
この週末というものはバリバリモリモリとプレーして参ったのでありました。さらに
その余勢をかって、土曜日は最高気温6度の中、夜の屋外でフットサルに勤しみ
派手にシュートを外しまくってまいりました。


まぁ、それはともかく。


プレーしてみての、私の率直な感想を述べさせていただきますと。






『やっぱりギタドラってば、面白いじゃないですかよ!!』




新作稼働前恒例のロケテスト(2012年9月9日)に参加し、先行でプレーした時には
何もかもが圧倒的すぎるほどの変化を遂げていたギタドラに
「新作はおそらく、良い要素、悪い要素が混在した状態で世に送り出されるであろう」
などと生意気にも小賢しい不安ばかりを妄想しておったのですが、
もうそんな重箱の端の様な微小な事象は、正直どうでもよくなってしまいました。
それぐらい楽しめましたよ。

あの状態からここまで持ってきた製作者陣には、敬意を表したい所です。

というわけで、新作と共に今年度もまた1年
お世話になり、楽しませてもらう事になりました。


懸案事項であった、2Pギターセッションも
上記の写真を見ていただければ解る通り、
従来からのXG筐体ならば何の問題もなく普通に実行可能でした。
当面は一安心という事にしておきましょうか。




というわけで、


さぁ。




GITADORAオープニング






〇ギタドラ新作『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania 』、新曲を早速プレーしてみた1。


というわけで、音ゲーと言えば勿論
最も重要な命は『楽曲』そして『譜面』でしかあり得ないわけですから、
早速ガシガシとプレーして参りました。

流石にギタドラ共に新曲全部一気に、というわけには
如何なる私でも叶わなかったのですが、
相当数はやり込んできたのであった。






・優しさの理由 (ChouCho) (版権新曲)

ドラム→1.90 3.10 5.65  ギター→1.25 3.95 4.75  ベース→2.30 4.10 5.05


GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-優しさの理由5 GITADORA-優しさの理由4



ギタドラ共に低~中難易度の、版権曲。
アニメ「氷菓」オープニングテーマ
曲バナーの画像を見れば、
「ああ、これですか」
と思い出す御方もいらっしゃるかもしれません。

このギタドラ収録Ver.の女性ボーカルは、カバーですね。
歌声は、原曲と比較すると少し甘めの歌声ですが、個人的には

「これはこれで」

と思ってしまった。
いや、意外と良いですよ。これは。

ギタフリ側はGB共にBPM177ながらも
特に難所の無い、普通の直線的な8分2連打、4連打がメインのシンプルな譜面。
Gが1色と2色を織り交ぜた譜面、Bは1色メイン。

ドラムは、ロケテストの時は
「ただの基本譜面だろう」
などと思っているととんでもない目に遭わされてしまいました。が
製品版でいざ冷静になってプレーしてみると、
そこまで大袈裟に言うほどでもなかったです。
ロケテストの醸し出す独特の雰囲気と、謎の緊張感は
やはり別格だったのであるなと、改めて思わされた次第。

ただしそうは言っても、個人的に思う切り所は何箇所かあって、
・Aメロのハット刻みに絡むハット3連打
・2か所ある異常な速さのスネア小連打
・ラスト近くの左シンバル3連打
・ラストの左右シンバル交互13連打

と、意外なほどに盛り沢山。

これらを何の予備知識も無しにプレーしたら、やはり厄介な譜面だという印象になるかなと思った。
ラストの左右シンバル交互13連打は正直、もうコツとか無しで、
何度かプレーして、ある時に偶然ぴったりタイミングが合った時の連打の速さを
絶対に忘れずに体に染み込ませる
、ぐらいしかないかなぁ
と思っています。





・only my railgun  (キャプテンパンク)(原曲:fripSide) (新曲版権)

ドラム→1.45 3.80 7.25  ギター→1.65 5.10 7.00  ベース→2.85 4.75 6.90


GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-only-my-railgun4 GITADORA-ONLY-MY-RAILGUN3



ロケテストの時に選曲欄で曲プレビューを聞いて、

「えっ!?」

とおもってしまった曲1号。

アニメ「とある科学の超電磁砲」第1期のオープニングテーマ。
既にjubeat、DDR、ポップンに収録されているので、知っている御方も多いと思いますが。
原曲も音ゲー3タイトル収録版も全部女性ボーカルだったのですが、
ギタドラ収録版は何と男性ボーカル、しかも調べてみたらPON氏の歌唱であると。
新作稼働後に改めて聞いてみたのですが、やはり
よくあんなに高い声が出せるなー、しかも
ただ高く出すだけでなく、

力強さを兼ね備えて高く出す

というのが純粋に凄いものだと思う事しきり。


ギタドラに合致するように、かなり大胆にアレンジが加えられていました。
実際にプレーしてみたのですが、アレンジ自体は
原曲の勢いそのままに、出だしからラストまで縦方向に一気に全速で駆け抜けて行ってくれる系で、
非常に好印象でした。

ギタフリ側は『贈る言葉』を髣髴とさせるリズムの
『1打→2連打→2連打→』
がずっと続く譜面。
ただし、2連打が運指が入ったり、運指入り2連打が連続したり、
3+1の4連打が不意に挟まったりと『贈る言葉』より難しい印象を受けました。

ドラム側は、ロケテストの時と変わらず要所要所で
シュールすぎるパターンが飛んできていましたが、
流石にだんだん慣れてくると気にならなくなってきました。






・魂のルフラン  (キャプテンパンク)(原曲:高橋洋子) (新曲版権)

ドラム→1.35 3.25 6.55  ギター→1.30 3.75 5.15  ベース→1.40 4.45 5.30


GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-魂のルフラン1 GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-魂のルフラン2





まさかの『魂のルフラン』。

しかも歌唱は、この曲も男性ボーカルでPON氏。
劇場版アニメ「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」主題歌。

まだ
『広げるだけ広げ切った壮大な大風呂敷を、畳むどころか盛大に裏返しにしてしまう前のエヴァ』


ルフランを男性ボーカルにした上に、あんなアレンジをされてしまっては、
私など筐体前で一撃KOでございますよ。
譜面は曲調に合わせて結構熱めでした。
ドラム側はPON氏の楽曲で頻繁にお会いする

『左シンバル→スネア→スネア→スネア→左シンバル』

みたいな連打パターンがキッチリ出来ないと、
割と悔しい思いをする事この上なし。
折角の機会なので、ここはもういっそ覚悟を決めて
出来るようになるまで練習した方が良いような気がしてきました。





・迎撃のフォルテ  (めろでぃーリアン) (新曲オリジナル)



GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-迎撃のフォルテ1


『まとめてかかってきな』
『まとめてかかってきな』


大事な事だったらしく2回言ってくれます。


正体不明のハチャメチャ系楽曲

迎撃フォルテさん降臨テーマ曲(推測)。
女性二人のボーカル曲(だと思う。たぶん)

にしても、どっかで聞いたことのあるような歌声でしたが、
どこでしたかね………
『meli♥melo』『Twinkle☆berry』よりは大人っぽい声で、
『2B-Waves』よりは幼い感じの声、の…ような……
うーん、うーん…………

……………………………いや、気のせいかも。



どうでもいいですが、この上記の写真のような曲バナーのキャラクターを見る度に

・あ、この人がフォルテさんか、たぶん。
・何か片手が伸びそう。特に左手が。
「アチョー」とか言う。
・たまに「アイヤー」とかも言う
・熱血漢
・ライバル兼親友はルチャリブレの使い手
・本当に宣言通りまとめてかかって来られたら、スピニングバードキックでまとめて蹴散らす
上昇中は無敵
・全員蹴散らした後は、恒例の説教タイム突入
・説教は二時間は続く



などとよく解らない妄想をしてしまうのは私一人で十分だ。


譜面自体は、ギタドラ共に
色々なパターンが入れ替わり入れ替わりで高速刻みですが、
こんな曲調と見事に合致しているのでプレーしていてとても気持ち良くなれるのであった。

ドラム側では、切り所は個人的に2か所。
『ハット→ハット+スネア→ハイタム→ロータム』
と飛ぶ所。あれが、全く繋がりませんでした。
慣れれば行けそうな気はするのですけど。



・叫声  (己龍) (新曲版権)



GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-叫声1 GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-叫声2




私のツボに入った
ザクリと。


日本のヴィジュアル系ロックバンド『己龍』の『叫声』。

選曲欄に並べると、パッと見は何となく地味な印象を受けるのですが、
いざ選曲してプレーしてみると、ちょっとした衝撃を受けました。
個人的にはデフォルト新曲の中では、かなり上位に入るぐらいの好印象度でした。

ギタドラ共になかなか手応えもあり、ドラムはフルコンボ、
ギター側はエクセレントを叩き出すまで、どころか
叩き出した後もプレーしてやりたいと思える好曲でした。

もう少しやり込んでみてから、じっくりと振り返りたい所です。






〇本日のプレー動画30

というわけで、ここからは恒例のプレー動画を。
今回は、今日の記事中でも示しました通り、
新作『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania』の新曲でプレー動画で。
今回のプレー動画も勿論、私がバリバリとプレーして撮影してまいりました






・優しさの理由 (ChouCho) (版権新曲)

ドラム→5.65  ギター→4.75


GITADORA_GuitarFreaks_&_DrumMania-優しさの理由5 GITADORA-優しさの理由4




新作一発目は、まずはギタフリ側では選曲欄でデフォルト位置にあるこの曲から。

実はこの曲は、去年9月のロケテストの時に、
この曲が妙に印象に残ってしまった事から、その時に

「よし、新作1曲目のプレーはこれにしよう」

と個人的に、ずっと決めていた曲であったのです。

私はロケテストの時に最も気に入った曲を、
新作本格稼働一発目に選曲するという謎の性癖がありまして。
V6の時はこの原理に従って、1曲目にロケテストの時に強烈に印象に残った
『Under The Nest』(Rotten Blotch)
を本当に選曲してしまったりしたものです。
(XGの3作品はロケテに参加できず)
こんな特殊性癖の持ち主が、私以外にも存在したら嬉しいものです。



で。
結局、新作新曲ではギタドラ共に
フルコンボ一発目はこの曲という事になったのですが、
それでも、もっとプレーしたいものだと思える曲でした。



<プレー動画>



【GITADORA DrumMania】 優しさの理由 (ChouCho) (DRUM EXTREME) プレー動画





【GITADORA GuitarFreaks】 優しさの理由 (ChouCho) (GUITAR EXTREME) プレー動画


(歌詞)

退屈な窓辺に吹き込む風に
顔をしかめたのは
照れくささの裏返し

曖昧にうなずく手のひらの今日
描いている自分は少し大げさで
何か変わりそうな気がしているよ
心に呼びかける君のせいだね

曇り空 のぞいた予感
手をのばそう
いつよりも力強い勇気で

光も影もまだ遠くて
それでも僕らは
優しさの理由が知りたい
今は誰の名前でもない
輝きの彼方へ
全部過去になる前に
見つけに行こう









〇ギタドラ新作『GITADORA GuitarFreaks & DrumMania 』、最後に。



新作GITADORAをプレーしていてすぐに気付いたのですが、
EXTRA STAGEが無くなっていましたね。廃止されていたようです。
個人個人それぞれ思う所はあるでしょうが、私個人としては
筐体前でこの事実に気付いた時には、

「あれ?無くなったのですか?」
「まあ、どっちでもいいですかね」


と特に何も気にせずにシンプルに受け流してしまったので、
特に思う事は何も無いのですが。

本当はもっと気にした方が良いのでしょうか。




後は、そうですね。
今作こそは定期的にガシガシと公式オンライン大会を開催してくれたら
文句は無いですね。
ずっとシリーズ的には恒例だったにもかかわらず
XG2、XG3では殆どの期間で開催されず、その悲しみを背負うあまり
思い余ってKAC2011、KAC2012だけで集中爆発を起こしてしまったので
もう少しそういう機会があればなと思うのでありますよ。
最近はどの音ゲーでも、そういう要素は無くなって行く方向にあるような気がしてならないのですが、
ギタドラは敢えて、その時代の流れに逆流する気概を見せてほしいなと思うのでした。

まぁ、そういう要望が殆ど無い、と言うのでしたら
私としても諦めるしかないわけですが、実際の所はどうなんでしょ。





さて、GITADORAはおそらくここから、
様々な楽曲や要素がまだまだ追加されて行く事でしょうけども、

私は今作でも、激しく楽しい妖艶な宴を期待していますからね?




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

祝♪GITADORA稼働ッ!

宴は何時だって最高潮です

遂に、稼働しましたね~

「優しさの理由」は自分も初プレイで一曲めに選択しました
ギター、ベースと連続で
良い曲ですよね


EXが無くても何とも思わない?

EXはギタドラシリーズの良システムだと個人的に思っていましたのでこれを無くすのは正直どうなんだろ、と思います

サクサク快適にプレイ出来るのは良いですね

今昨も宜しくお願いしますm(__)m

No title

新規ユーザー開拓の為にエクストララッシュを廃止したのは解る。
ギタドラの唯一無二の個性だと思ってたけど、
ライトユーザー涙目の実力主義システムだからやむなし。

でも、ライト感を謳うくせに、天体観測削除とかしてるし……。
いや、自分や天体やらないからいいけど、
長らく非ゲーマー層に金を落とさせてた天体を削除って、
どんなのっぴきならねぇ事情があったらそうなるのかが読めん。

いやー、ウキウキ気分の記事に水を差す様で悪いけども、
今のスタッフじゃあ、まだ今後どうなるのか不安だなぁ。

自分、「すまほ」とやらを持ってないけど、
今後不利になったりしないで済むのかしら。ってのが第一の不安。

ただ、回転速度アップはかなり良いとおもふ。


ただ、ポップンの方で笛吹き少年と紅蓮ちゃんを差し置いてでしゃばってるクマは絶許。
今にして思えば、TボーンとBボーンはなぜ生き残れなかったのだろう……。

前半色々言ったけど、
どっちかといえばクマでしゃばり事件の方が僕にとって重大ですね。
紅蓮ちゃん使いたかったんじゃ~。

お久しぶりです。いつもブログ楽しく拝見させて頂いてます。
GITADORA稼働しましたね!
個人的には、好きだった版権曲が大量削除されてしまい、ややモチベーションが下がっております。
が、吹田さんのいつも前向きなコメントが、読んでいる自分も前向きな気持ちにさせてくれます!自分もGITADORAをやりつつ、次のブログを楽しみにしてます!

ご無沙汰しております。

前作は滑り込みセーフでドラムが銅ネームになりまして、遊び尽くした作品になりました。

ギタフリの方は苦手譜面の克服や得意譜面の更なる向上を目指して練習して参りました。

今作は少し控えめにと思いつつも結局ゴリゴリプレーしてしまうのでしょう…。

不具合やらなんやらで先行き不安ではありますが、今作も宜しくお願いします!

アプリの方でフォローしたいのでID教えて下さいませ\(^o^)/

No title

こんばんは、お邪魔します。
ギタドラの新作でましたね。
私はドラムよくやりますがXG以降は叩くところ増えて
結構大変だったり…
まだまだ未熟ですが好きな曲バシバシプレイしていけたらなあと思います(´▽`)

K様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。
御言葉ありがとうございます。

宴は既に最高潮、ここからさらに最高潮にして行ってほしい所です。

『優しさの理由』は、個人的にも
何度もプレーしてしまうほどの曲でありまして、
やはり良曲であるなと思っています。


EXTRA STAGE 削除に関しましてはですね。
本来であれば、この変更点を発見した段階ですぐに
肯定にしろ否定にしろ、何らかの感情が出てこなければならないはずなのですが、
本当に何の感情もない『無』の状態でありました。

それはおそらく、私自身が新作の新曲の前でテンションが上がり過ぎて、
それ以外の所にはまるで気を注いでいなかったのだと、
一連のコメントを拝見して痛感させられた次第です。

後々、もう少し落ち着いて冷静になりましたら、
今一度EXTRAについて、じっくり見つめなおしてみたいと考えます。

ただし、何らかの理由がきちんとあって
そのような仕様にした以上は、個人的には
全肯定や全否定だけは、したくないと思います。


新作でも、宜しくお願いします。
お互いに磨きあえる、指摘し合える存在になりたいと思っております。

猫に両手剣様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。
貴重な御言葉ありがとうございました。

今回の一連のコメントを色々と拝見させておりまして、
文中で御指摘もありました通り、私自身が
ズラリ並んだ新作の新曲を前にして、あまりにもテンションが上がり過ぎてしまい、
完全に浮き足立って、楽曲以外の様々な物を見失ってしまった状態になっていたという事を
痛感させられました。

後々、もう少し落ち着いて冷静になりましたら、
今一度様々なシステムや仕様について、じっくり見つめなおしてみたいと考えます。
が、現段階ではまだちょっと主に脳とかが、おかしな事になっていて
冷静に見つめられていない段階ですので、
回答はもう少しお待ちください。

T様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。
お久しぶりにございます。

いつも拝見いただきありがとうございます。

版権曲が随分と削除されていましたね。
ある程度のペースで曲を入れ替えて行かないと
いざ飽和状態になった時にはすでに遅しで、大変な事になってしまいますので、
曲の入れ替えは仕方ない事ではありますが、それでも残念であるのは私も同じです。


何だかそのように言っていただけると、私も嬉しいですね。
が、今後はただテンションを上げるだけではなく、時には冷静に見つめる事も
心掛けないといけないなと思っている次第です。

新作でも宜しくお願いします。


FIZZ様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。
お久しぶりです。

XG3での銅ネーム、スキルポイント7000おめでとうございました。
この境地へ到達する事の困難さは、私自身とてもよく理解しておりますので、
本当に凄いなと思っています。

私も今作も控えめ所か何も気にせずにゴリゴリとプレーしてしまう事でしょう。
何故なら、それが音ゲーマーというものだからです。
結局、何だかんだあっても、私も好きなんですよね。

IDですが、後日掲載いたしますので、
もう少しお待ちくだされ。

新作でも宜しくお願いします。

ジャム様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。
御邪魔されてしまいまして、ありがとうございます。

ギタドラ新作、降臨して大地とラウンドワンを裂いてしまいました。

XG化以降は、叩くパッド数が増加しましたが、
基本的には曲をよく聞いて、そのリズムに合わせて叩くことに変化はありませんので
あんまり難しく考え過ぎない事が重要であると思っています。
私はむしろパッド数が増えた事よりも、パッド間の高低差が異常についてしまった
という事の方が難易度を上昇させているファクターだと思っています。
椅子を従来筐体よりも高めに上げてやると、良い感じで叩けるようになるかもしれません。
(およそ、左シンバルをパッドの縁ではなく真ん中を自然に叩けてしまうぐらいの高さがピッタシだと
個人的には思っています)

最終的には好きな曲を好きな時にプレーするのが一番だと思います。
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

吹田の国の旅人

Author:吹田の国の旅人
吹田の国に住む人の回想。

上のイラスト(筆者近影)は、『トリックスター』内のごった煮コンビ、鈍色カバリア堂様謹製。

CLARA-FIGHTER-2
上のイラスト(筆者近影2)は、『トリックスター』内の似顔絵同好会『あいゆえおえかき』所属の壱弐(いつじ)様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラスト(筆者近影3)は、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯謹製。(クリックすると大きくなります)

石ノ上古論様作

上のイラスト(筆者近影4)は、我が親愛なるブロ友・石ノ上古論御嬢様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラストは、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯による、筆者のイメージイラストです。(クリックすると大きくなります)



当ブログは『リンクフリー』かつ『アンリンクフリー』であります。
リンクを貼っていただいた方の所には、コッソリお邪魔させていただく所存です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム
誰でも大歓迎にございますよ。

この人とブロともになる

ギタドラ・スキルシミュレータ
詳細なスキル表

GITADORA GuitarFreaks
GITADORA DrumMania

プレーヤーIDは 『000051c344』 です。 人助けをするぐらいの意気込みで登録して頂ければ幸い。

GuitarFreaks XG 3
DrumMania XG 3



GuitarFreaks XG 2
DrumMania XG 2

GuitarFreaks XG
DrumMania XG

GuitarFreaks V7
戦績
GITADORA-GuitarFreaks_&_DrumMania_スキルポイントアピール1

ギタドラXG3のスキルです。
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラフレンド申請ページは
GuitarFreaks & DrumMania XG3 になります。

共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。


ギタドラXG2スキル
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。
RIVAL IDは『G1030007928113』
『D1030009227130』
でございます。共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。



POPN-MUSIC-20-戦績
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!





ポップン19
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!



ギタドラXG

ギタドラV7
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラV6

ギタドラV5

G2ex様のツールにより作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも一覧

くらふと栽培区域

― EED ―

ヘンリー田嶋のにわほーき生活

くすりふる。 ~絵と映画と小説とその他諸々ごちゃ混ぜブログ~

まぁ、めずらしく、ぞうきんがけしたら、うまくなってた

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

虹色ドロップ

Osaka-O-Sucker

★ Supaku Blog ★

Tairu's Diary ~たいるの日記~

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

在の世界

七人と透明な私

復活ゆなゆさちゃん

H0nNe96の雑記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。