スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KONAMI Arcade Championship 2012(KAC2012)、音ゲー勢開幕。長き戦いの始まり、1週目。対決、ギタドラ・ポップン・SDVX+暗黒舞踏会+セツナトリップ

皆様おはようございます。
吹田の国の旅人です。

先週末に、ギタドラの新作であらせられる『GITADORA』(ローマ字)の第2回ロケテストが
開催されていましたね。
今回の開催場所は『神奈川・川崎』『愛知・名古屋』『千葉・市川』。
先週末は結局ベッタリ大阪に滞在な私は、またも参加できませんでした。
フゥ。


ロケテスト新作は基本的に、実際にロケテストに参加して、筐体前で自らの手でプレーしない事には、真の印象や感じ方などが解りませんので、現時点で新作に対して殆ど何も言えない状態なんですが、

あえて2点だけ挙げるならば、
『2Pギターを削ることだけは絶対にやってはいけない。死ぬよ?
『来年もきっと開催されるであろうKAC2013や、オンライン公式大会開催用に、いつでも自由なタイミングでX-PERFECT判定(店舗大会や過去のX-TRIAL等で採用されていた、PERFECT判定の上位版。判定はメチャクチャ厳しく熱い。)を導入切り替え出来るように、あらかじめ仕様に組み込んでおくと良いのではないか』

という事ですね。



くそぅぅ、
ロケテスト行きたいではないか。




〇ギタドラXG3。急上昇したテンションの向け先を誤る私。


改めて、おはようございまっし。
吹田の国の旅人です。


今年の真夏、8月~9月にかけて開催されてきた、他機種連動新曲解禁イベント『ギタ・ドラ・jubeat 大夏祭り』
9月25日の『jubeat saucer』(新作)稼動開始によってイベントも終了しましたが、
イベント終了後の慣例となっていたプレーヤー全員への新曲自動解禁は、なされませんでしたね。
(8月15日から遅れて始まった『ギタドラ花火大会』も新曲解禁なし)

製作者側、解禁したプレーヤー側、解禁しなかったプレーヤー側。
双方の様々な立場からの思惑が、複雑怪奇に絡み合った挙句
生み出されてしまったこの結末。

人間の業の深さを思い巡らせずにはいられません。


何だか隠し曲の扱いが、本来あるべき
『頑張った人への御褒美』
から
『頑張らなかった人への罰則』
に切り替わってしまっているのが、何とも悲しいですね。

とりあえず現在は他機種で同時参加している『KAC2012』と
並行して同じ課題曲で開催されているギタドラXG3のオンライン公式大会『第3回スター・ロワイヤル』
の課題曲に集中しているので、そこらへんの新曲はもう気にせず放っておく事にしました。(ロケテ解禁曲も)

KAC2012予選が一気に終了する11月4日を過ぎた時点でどうなっているかで、
考えてみる事にしましょうかね。




〇KONAMI Arcade Championship 2012(KAC2012)、音ゲー勢開幕。1週目。


はい。さてもう後ろ暗い話題はここまでにしましょうね
ここからはもう気分と雰囲気を変えていきましょう。
ドーン!!































JUBEAT-SAUCER-ショッチョー杯

サタデーナイトフィーバー!
































よし!雰囲気 変わったな。
よしよし。

さて、、コナミ・アーケード音ゲー・KAC2012ネタで参りますからな。

去年に引き続いて2回目の開催となりました

KONAMI-ARCADE-CHAMPIONSHIP-2012

KONAMI Arcade Championship 2012
の音ゲー勢9タイトルが、10月1日に開幕して1週間が経過しましたね。

これは一体何なのかと、私などが今更語るまでもないですが一応解説しておきますと。
上記のコナミ・アーケードゲーム14タイトルで、真のチャンピオンを決定するという、驚天動地のBATTLE
と言った所でしょう。
去年のあの闘いから、もう一年になるのですね。
あれから私は、どれぐらい成長したのだろうか
それを確認する意味でも、楽しみではありますね。

開催期間ですが例えばギタドラXG3の日程はこんな感じでした。

KONAMI-ARCADE-CHAMPIONSHIP-2012-日程

予選は5週間開催。これは音ゲー9タイトルで共通でした。
決勝の開催日はタイトルによって微妙に違っていましたが、
基本的には殆ど同じであったと思います。


さて、今大会における私のスタンスですが、今大会は、

GuitarFreaksXG3
DrumManiaXG3
pop'n music 20 fantasia
SOUND VOLTEX BOOTH


の4タイトルで参加させて頂く事にしました。
勿論『関西・中国エリア』でエントリーいたしましたよ。


前回の記事でも表明しましたが
勿論、参加するからには
本気でやらせていただきます

本気でやり込むという事で、
去年からの自らの成長度合いを見るという事もありますし、
修行の意味合いで、期間中にも成長出来たらよいかな
と思うております。
また、このような公式大会では、何故か両腕に神が降臨したかの如く
正体不明のエネルギーの発露によって、普段では絶対に出せないような成績を
叩き出す事が出来てしまう、所謂『大会ブースト』が発動してしまう事がよくあるのですが、
これが何処で発動してくれるかも、密かな楽しみであります。
さぁ来い。


4タイトル共に正直、現時点でどこまでやれるのかは全く解りませんが、とにかく
やれる所まで突き進んでやりたいと思うております。

覚悟しとけ!!


音ゲー9機種での予選開始から約1週間経過しましたが、
ここまでの私個人の戦いの記録を、機種毎に振り返ってみます。




・GuitarFreaksXG3


GUITARFREAKS-XG3


まずは何を置いてもギタフリXG3。
初日からガリガリとプレーしてまいりました。

今年の大会の予選は『第3回スター・ロワイヤル』と同時開催(課題曲も共通・開催期間も同じ)と言う事で、KAC2012課題曲は全て
『スターロワイヤル課題曲フォルダ』にまとめられていました。
おかげで去年のKAC2011のように、広大な選曲欄の海の中を課題曲を探して右往左往3千里する事もなくなりました。
そこは評価したい。ね?

課題曲はこの5曲。


KAC2012-GUITARFREAKS-XG3-課題曲


Restart                  (GUITAR EXPERT)
サムライハート (Some Like It Hot!!) (GUITAR EXPERT)
暗黒舞踏会                (GUITAR EXPERT)
ポニーテールとシュシュ         (GUITAR EXPERT)
Pink Bird                 (GUITAR EXPERT)



全部GUITAR EXPERT(赤G)です。
オプションはオートやランダム系は禁止。
スコア理論値はKIAIで超えるもの。


スコアを争う上においては、個人的にはやはり難関の『暗黒舞踏会』
それから曲全体に渡ってWAILINGの回数が、熱いタイミングで多く
そのため課題曲5曲の中ではスコア理論値がブッチギリで高い上に色々な所がイヤラシイ『Pink Bird』
が厄介であるなという印象。

他は個人的には正直な所『ポニーテールとシュシュ』『サムライハート (Some Like It Hot!!)』の2曲は
『KAC2012の課題曲としては』、その………うん……
うーん………うーーん…………
という印象でしたが。
ギタフリXG3と、KAC2012というものの特性を考えると
きっとこの選曲もあり……なんかな
と思う事にしました。

予選開始から1週間での現在のスコアと順位はこんな感じでした。


KAC2012-GUITARFREAKS-XG3-WEEK1

(ちなみに、この順位は『関西・中国エリア』でのものです。他のエリア『北海道・東北エリア』『関東エリア』『中部エリア』『四国・九州・沖縄エリア』『アジアエリア(海外)』を全部含めると、相当下がるでしょう。)


Restart                  1197663
サムライハート (Some Like It Hot!!) 1309600
暗黒舞踏会                999730
ポニーテールとシュシュ         1250600
Pink Bird                 1510158



最初の1週間は比較的静かな滑り出しとなりました。
今年の大会は5週間と言う長丁場なので、じっくりと攻めて行きたい所ですね。
次に課題曲ごとの印象を、曲毎に振り返ってみましょうか。



・ポニーテールとシュシュ (AKB48)
難易度4.70


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-ポニーテールとシュシュ1


THE 基本譜面

ギタドラXG2版権新曲。
譜面の印象は、特別な難所も普遍的な難所も無い、極めてシンプルな譜面と言った所。
時々4色に渡って水平移動する単色階段があるものの、
殆どが単調な連打、いや連打と言うほどの連打も無いですね

というわけで、この曲はサックリとプレーしてまいって。


GUITARFREAKS-XG3-ポニーテールとシュシュ-EXCELLENT


エクセレント
と言っても流石にエクセレントはそう簡単には出ませんでしたが。

後は遅延WAILINGをもう少し上手く駆使して、詰めたい所。
特にAメロ→Bメロに移行する所で出てくる2連続WAILINGポイントの遅延
なかなか上手く行ってないので。
何故か2連続WAILINGの1個目をミスって逃してスルーしてしまう
なんて羽目に陥ってしまったのは、きっと私だけではないと信じたい




・Pink Bird (肥塚良彦)
難易度6.50

GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-PINK-BIRD2


肥塚王子のインスト、Ver.PINK

肥塚王子のインストと言いますと、以前も書きましたが、
色々な意味でウネウネし続けてみたり、
局所的に、それまでの流れからは考えられないぐらいの、異常な速さの連打が飛んで来たり、
速いのか遅いのかよく解らない、緩々階段がヘニャッと襲ってきたり
とにかく、いやらしい手つきが全編的に要求される曲揃いなのですが。
勿論この『Pink Bird』も例外ではありません。

言ってしまうと、
「如何にいやらしくなったモン勝ち」
と言える。


ちなみにこの『Pink Bird』。
実は去年のKAC2011の時も1次予選課題曲として選抜されており、
まさかの2大会連続課題曲選抜、という稀有な存在に。

が、しかしよくよく考えてみますと、このPink Bird
『比較的幅広いプレーヤーが堪能できる中難易度曲。
であるが王子特有の、構造的に異常に厄介なパターンが譜面全体に散らばっており、
かつ数の多いWAILINGがそれに嫌らしく絡んで、熱い。
にもかかわらず中難易度。』

と、まさにKAC2012の予選課題曲に要求されそうな性質にバッチリとハマっている、と思う。
肥塚王子のセンスには脱帽するしかありません

さて、一方の私はといいますと。
相変わらず中盤と終盤に2回出てくる
『長くて緩い速度の単色螺旋階段+交互連打』
がなかなか嵌ってくれず苦戦中であります。

ただ去年の大会の時の我はまるで繋がりそうな気配すらなかったこの難所ですが、
今大会では成功率はまだまだ高くはないものの、
螺旋階段や交互連打がバシーッと嵌ってくれる機械が増えてきています。
もしかしたら行けるかもという手応えを掴みつつあります。

あとまだ4週間ありますので、折角の機会ですから
フルコンボを目指したい。
やってやれない事もない。
来い、大会ブースト!


ふと思ったのですが、今回の課題曲5曲の最難関
実はこの『Pink Bird』なんではなかろうか。
そう思いません?




・暗黒舞踏会 (Dragon Guardian)
難易度7.55


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-暗黒舞踏会1


Dragon Guardian、ギタドラへの侵攻開始。

譜面はと言いますと、もう今更言うまでもないですが
『THE オルタ譜面』
出だしとAメロ後半以外は全篇オルタオルタ。BPMは175と程々に速い。

が、曲のインパクトとは裏腹に意外にも直線的なオルタが殆どなので、
そんなに無茶苦茶に飛び抜けている訳ではないかと思います。
今回のKAC2012スコアアタックで肝となってくるのは、
『あの中盤サビ前の突然速度が緩くなって譜面パターンもいきなりグチャグチャになる、あの12分オルタ地帯』
『終盤に2回出てくる、2連オルタ33連打+35連打』

の2つ。

で、私のプレーはと申しますと
まぁ、そうは言っても一筋縄ではいかないですよね………

中盤の緩いオルタは
前半の3連オルタの所はオルタで、
後半のグチャグチャな所はフルダウンで
押し切ろうとしていますが。
XG3稼動開始当初はズレまくりの外しまくりの転びまくりのヘタレまくりで、
挫けまくりだったのですが、
最近は段々と上手く行きそうな気配が出てきていたりします。
一方、終盤の2連オルタはまだ精度が低いままですが、
大分合って来るようにはなってきました。

というわけで、折角のKAC2012という機会ですので、
思い切りフルコンボを目標に頑張りたい。
私の覚悟の気持ち、ここに記す。



死亡フラグが立ったような気がしますが、気にしてはいけない。





・Restart (SHOGO)
難易度6.50


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-RESTART1


流石はTAGさん、と言わざるをえません。
SHIGOさんのボーカル曲。

XG3デフォルト新曲の中では、個人的にかなりお気に入り。
出だしからラストまで、一気に縦方向に一直線で駆け抜けてくれる楽曲なので
プレーしていても非常に熱く楽しくなれ、
またそう言った縦方向に駆け抜けていく雰囲気に見事に合致した
縦方向直線オルタが全篇に続く譜面が、とても気持ちいい。
曲、譜面を含めた全体的な完成度が非常に高い、と思う。


さて、私のプレーはと言いますと。
全篇に渡ってほぼ全部オルタとは言え、Aメロ、Bメロ、サビの
歌が入っている所は基本直線オルタなので、そこはそれほど問題にはなっていないです。
スコアアタックで最も肝なのは2箇所。

『出だしの2→2→3→3→1→23や1→1→2→2→1→23の16分6連オルタ
『終盤~ラストに飛んでくる、16分→24分→16分→24分→16分→24分と頻繁に変速しまくる謎のオルタ

であろう。
終盤の変速オルタは要練習、それしかないとして
出だしのあの6連打、一体何故繋がらないのだろうか。
パッと見はどうやったって簡単に繋がりそうに見えるのですが、
見るとやるでは大違い、という典型例。
何かに呪われたかのようにミスが出てしまうのですが。
力みすぎたか!?

この曲に関しましては、最終目標は勿論フルコンボとしましても、
まずはもう少し試行錯誤を繰り返していく必要がありそうです。




と、ギタフリXG3側は概ねこんな所でした。
残り4週間、どこまで行けるかは解りませんが、悔い無き成績を残したいと思うのであった。
この経験はきっと今後にプラスになるだろうと思うので。ね。




・DrumMania XG3


DRUMMANIA-XG3


さて、ギタドラXG3のもう一方。ドラムXG3。

こちらは初日からプレーしていたギタフリXG3に続いて、2日目からやり込みを始めました。

課題曲はこの5曲。


KAC2012-DRUMMANIA-XG3-課題曲


ランウェイ☆ビート  EXPERT
NEW LEGEND     EXPERT
アーリマン      EXPERT
じょいふる      EXPERT
Lepton        EXPERT



個人的な印象では、『ランウェイ☆ビート』以外の4曲は、
確かに突き抜けて高難度と言う訳ではないのですが
厄介な曲が揃ったな……というものでした。
『ランウェイ☆ビート』に関しては正直な所、
この曲が好きだという御方には非常に申し訳ないのですが、課題曲としては
「うーーん……うーーーーーん…………」
と言った所でした。
(MASTER譜面持ちの曲を選抜、で良かったんじゃなかろうか…というのが私の正直な感想)


で、予選開始から1週間での私のスコアはこんな感じ。


KAC2012-DRUMMANIA-XG3-WEEK1


ランウェイ☆ビート  981170
NEW LEGEND     529555
アーリマン      888554
じょいふる      988424
Lepton        739800



理論値は1030000。オートやミラーは禁止。


こちらは、ギタフリXG3以上に静かな滑り出しとなりました。
あと4週間もありますし、折角のKAC2012というお祭な訳ですから、
ここからガンガン上昇していって、その過程で同時にリアルスキルも上げて行きたい、の思うのであります。
これが達成できれば、たとえ予選通過には遠くともKAC2012に参加した意義はあったでありましょう。


とか、まぁー何とお堅い事を書いちゃってますけど、結局はお祭なんですから、気楽にやって行きますよ。ピィョーン!

各課題曲ごとの振り返りは、次回の記事でやるとします。
ギタフリ側が長すぎた。





・pop'n music 20 fantasia


POPN-MUSIC-筐体


さて、お次は
巨大な9つのボタンを曲に合わせて華麗に捌く
音ゲーの大長編、ポップンミュージックの20作目。ファンタジア。

去年の大会は、公式ページのランキングページにすらプレーヤーネームが掲載されないほどの
圧倒的圏外、という惨敗でしたが
あれから1年。

私は帰ってきた。

この私が一体どれぐらい成長できたのか、それを見る上でも
このポップンでのKAC2012は非常に楽しみでした。
ギタドラと同じくらいに。


さて、気になる課題曲はコチラ。


KAC2012-POPN20-課題曲


フェージングポップ (Intersection)    EX
ハッピーラブゲイザー (恋愛観測)    EX
あやかしロック (情操ディストピア)    EX
ヴァルキリーブレイクス (Celsus)     EX
スターリートランス (Southern Cross)  EX




何と言う容赦の無い選曲と難易度設定である事でしょうか。
課題曲の難易度は、上から順にLv.35、38、41、42、42
高っ!

私の成長を実感するとか言う以前に、去年に比べて圧倒的に高く積み上がった巨大な5枚の壁の出現に、
ただ呆然とするばかり。

私は、本当に成長できたのか…………


が、しかし
これがポップンのKAC2012。
真のトッププレーヤーを選抜するには、ポップンというゲームの特性を考えると、
この難易度設定にする事は、結果的に必要な事のはず。

泣き言など言っていられない。
本気でやると決意したからには、最後までやり切る!
そんな私の生き様を見せ付けてくれよう!

覚悟しとけ!!


と、そんな私の予選開始1週間での成績はコレ。


KAC2012-POPN20-WEEK1


スターリートランス     63386
ハッピーラブゲイザー   89153
フェージングポップ     88634
あやかしロック       79170
ヴァルキリーブレイクス  77746



とまぁ、冒頭で勢いよく宣言はしたものの、現実はそんなに甘くは無いのであった
とにかく、現時点では課題曲云々以前の問題として、
あと4週間で私のリアルスキルがどこまで上昇するか、
それに尽きるように思います。
情けない話ですけど。





・SOUND VOLTEX BOOTH


SOUND-VOLTEX


さて、私が参戦している4タイトルの最後を飾るのは、まだ新シリーズ開幕から8ヵ月半と新しい音ゲー
それが『SOUND VOLTEX BOOTH』。
とにかく盛り上がっているなぁ、という印象。

去年の大会KAC2011の時はまだ存在していなかったので、このサウンドボルテックスだけは
KAC2012でどのような展開となるのか全く掴めていませんが、
それだけに楽しみであります。
と言いますか、サウンドボルテックスにとっては、そもそもこのKAC2012が初めての公式大会という事になるのではないか。


さーて、そんなサンボルの課題曲1セット目はコレ。


KAC2012-SOUND-VOLTEX-課題曲


Grip & Break down !! - SDVX Edit. -   (SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi) (EXHAUST)
セツナトリップ (EXIT TUNES)         (Last Note. feat. GUMI)          (EXHAUST)
おにゃのこ きねんび (EXIT TUNES)     (赤飯)                     (EXHAUST)




これまた一切容赦無しな選抜ですね。
難易度は3曲共にLv.14。凄まじく大変でした。

しかしサウンドボルテックスというゲームの特性を考えるならば、
これは仕方ない選曲という事にしておきましょうか。


さて、1週間過ぎた段階での私の成績は、こんな感じでした。


KAC2012-SOUND-VOLTEX-WEEK1


トータルスコア 25905805 pt


ある程度は覚悟していましたが、まさかここまで完膚なきまでにコテンパンにされてしまうとは。
いや、厳しい闘いとなりました。
公式ページのランキングページにすら掲載されないほどの圧倒的圏外だったので、
最高の合計スコアを叩き出した1セット内での、各曲毎のスコアが全く解らないのですが、
どっちにしろ圏外であるのは変わらないので、現在の曲毎の最高スコアを調べてみました。



Grip & Break down !! - SDVX Edit. -     8155038
セツナトリップ (EXIT TUNES)          9228395
おにゃのこ きねんび (EXIT TUNES)      8836325




現実はやはり甘いものではありませんでした。
しかし、ここがある意味底の状態であり、ここから先は上昇するのみ、
という事も言えると思いますので、あと4週間。
こんな状態からリアルスキル共々、何処まで上がっていけるのか
逆に楽しみではありますね。

(逆に言いますと、それを楽しみにしない事には、挫けそう。という事でもあるのですが)




〇というわけで


と、私はこんな状態でしたが、KAC2012に参加しておられる全てのプレーヤーの御方。
調子は如何でしょうか?

私は最後まで駆け抜けて、燃え尽きて崩れ落ちれたら本望。





〇本日の楽曲プレー記126+127 & 本日のプレー動画20

さて、当ブログをご覧の皆様で音ゲーおよびギタドラをプレーされない御方にも、当ブログのメインとして取り扱っております、音ゲー(今回はKAC2012)やギタドラXG3プレーのイメージを掴んでいただく事で、より良く記事を楽しんでいただく事を目的として
配信してまいりました、ギタドラXG3 AND 音ゲー・プレー動画
今回のプレー動画も勿論、私がバリバリとプレーして撮影してまいりました



今回の記事からしばらくはKAC2012が続くという事で、
今回の楽曲は、KAC2012課題曲から選抜させていただきました。



<GuitarFreaks XG3>
・暗黒舞踏会 (Dragon Guardian・版権曲)

GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-暗黒舞踏会1

今年のKAC2012の、ギタフリXG3課題曲の一つ。
記事中にもあります通り、
『THE オルタ譜面』
この曲は、ギタフリXG3というゲームの魅力を十分に感じられる曲だと思っていますので、
個人的にはオススメとしておきたい所。
今回の対象となったEXPERT譜面は、インパクト十分すぎる譜面ですが、
ADVANCED譜面やNOVICE譜面でも十分に魅力を感じられる曲になっていると思いますので、
そちらの方も是非プレーしていただけたなら、と思うております。

で今回プレー動画として取り上げる、課題曲となったEXPERT譜面ですが、
記事中では色々と
あの部分はこうだ、この難所はこうだ、等と
アレコレ分析しつつの皮算用を繰り広げていましたが、
その真相は、概ねこのような感じです。




【GuitarFreaks XG3】暗黒舞踏会 (GUITAR EXPERT)  プレー動画



記事中では『フルコンボ達成目標宣言』を出して、
自ら死亡フラグを立ててしまった感が半端ないですが。
4週間後に私を待ち受ける運命は、
歓喜か絶望か



<SOUND VOLTEX BOOTH>
・セツナトリップ (Last Note. feat. GUMI)(EXIT TUNES PRESENTS Vocaloconnection feat. 初音ミク)

SOUND-VOLTEX-BOOTH-セツナトリップ1


一方こちらは、KAC2012初参戦となった『SOUND VOLTEX BOOTH』の課題曲1セット目の一つ
『セツナトリップ』(EXHAUST)

かなりの個人差譜面であるようですので、
これがSDVXのLv14だ、と一概に宣言は出来ないのですが概ね
『こういう感じの譜面もある』という事が伝われば。

まだまだ稼働開始から1年も経っていない新しいシリーズではありますが、そんな
SDVXというゲームの魅力や面白さを
少しでも感じていただけたなら、興味を持っていただけたなら
私としては本望




【SOUND VOLTEX BOOTH】セツナトリップ (EXHAUST)  プレー動画
(もう少し見やすい位置からの撮影に切り替えてみました。如何でしょうか?)


自分でプレーしておきながら、こんな事を言うのはアレですが
何じゃこりゃ。

うーむ。
改めて見返してみますと、全体的にもうちょっと
どうにかなりそうな印象はあるのですが、
それでも何ともなっていないのは、まだまだ
根本的に地力不足なんでしょうね。きっと。

もう少し研究してみる余地はありそうですので、あと4週間
頑張ってみたい。






以上


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント初となります。
私もポップンを中心に音楽ゲームはやったり
たまにドラムマニアもやったりします。

音楽ゲームは音に合わせて操作して演奏する楽しさを味わえるもので
飽きがこず夢中になれますね。

KAC、積極的に参加されるようですね。
私は腕前低いのですが、エントリーしてみようかな…

ゲーム

おおwなんか見たことないのばかりですな~ww新しいものを見るのは快感♪
ゲームセンターかな?w・・・みたことないな・・・w
なんかトーナメント戦とか本格的でかっこいいですねw

ジャム様へ

ようこそ辺境の地へ。
いらっしゃいませ、吹田の国の旅人です。

おぉ、音ゲーをプレーされておられるのですね。
その通りでありまして、ブログを通じて音ゲーをプレーする楽しさをお伝えできればなぁと思っております。

KAC、期間中はフルパワーで取り組まさせていただきます。
おぉ、それは是非とも参加すべきでしょう。
腕前の高い低いは関係ありません。
こうやって本気で挑んだ経験は
必ず後々に好影響をもたらす事でしょう。

吾妻 玲二様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

何と!?御覧になられた事、ありませんか。
ゲームセンターもそうですが、ラウンドワンあたりでも
よく並んでいるはずなのですが。
音ゲーですと、確かに『beatmania』や『Dance Dance Revolution』が
よく知られた所で、私がプレーする4タイトルは若干マイナー気味であることは否定できませんが、
それでもその見た目通り、プレーしてみますと非常に楽しいですので、
発見されました折にはプレーしてみてくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

吹田の国の旅人さんこんにちはー。Tです。
今回大阪でロケテやってますね!
自分は関東に住んでいるので参加出来ませんが、吹田さんは是非プレーして思いの丈をぶつけてきて下さい!
毎回余計なお節介すみません。

〇様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

御言葉ありがとうございました。

2Pギターの衝撃に関しましては、ロケテストで
ロケテノートに思いを全部ぶつけてまいりました。
結果はどうなるかはわかりませんが、やるだけはやってきました。


ギタドラjubeat夏祭り、フル参加されたのですね。
お疲れ様でございます。
そして、フル参加した貴方と言う御方に、
そのような御言葉を頂けた事は、私は嬉しい思いです。

仰る通りで、本当に厳しかったと思います。
おそらく製作者側も相当認識を改めただろうと推測しています。

本当にやり方は色々とあったと思います。
私は本文の通り、一切参加しませんでしたが、
楽曲をプレーするためにプレーする事の空しさを感じていた事と共に、
このようなプレーをさせられる事で、またギタドラが嫌いになってしまうのではないかと言う恐怖心から
あえて避けて来たのです。

と言いますのも、私は実はギタドラV時代の『ギタドタワー』イベントで、
ただ隠し曲をプレーするためだけのプレーに多大な時間を費やし、
何度も国王になるほどにプレーしてしまいました。
しかしどれだけプレーしても疲弊するばかりで一向に報われる気配もなし。
何か月にも渡るイベントでしたが、その全てが終わったとき、
私に残されたのは、絶望的な虚脱感だけでした。

その時はもう、新作ギタドラV2が稼働を始めていたにもかかわらず、
とてもギタドラをプレーする気になれない、
ギタドラなどもう2度と見たくもない、とすら思えるほどの状態になってしまいました。

結局V2中盤になって再び復帰し、今でもこうしてプレーしていますが、
あのようなプレーを強制させられる事で、再びギタドラそのものが嫌いになってしまうのではないか
という恐怖心は強烈に植えつけられ、今でも忘れる事は出来ません。

今回のギタドラjubeat夏祭りは、1か月半と言う短期間で終わってくれましたが、
もうギタドタワーの時のような、あのような惨めな思いをするプレーヤーが出てきてほしくないという思いで一杯でした。
製作者側もさすがに、Vのギタドタワーで強烈に思い知ったのか、以降しばらくは
鬼の様な隠し曲イベントは一切実施してきませんでしたが、
ここ最近になって、あの時の思いを忘れてしまった、もしくは知らないスタッフばかりになってきてしまったのではないかと思うと、悲しみと共に空恐ろしい気持ちで一杯になってしまうのです。


何だか柄にもなく語ってしまいましたが、私が参加しなかったのは
このような過去の強烈なトラウマがあった、という事だけ
言っておきたかっただけです。はい。


KAC、いよいよ始まってますね。
私も正直何所まで行けるかわかりませんが、
やれるだけやっておきたいと思います。

IMI、赤G・プレー動画、閲覧頂きありがとうございました。
自分でプレーしておきながらアレですが、自分でも
後で見返してみて
「何じゃこりゃ」
と思わずにはいられませんでした。

リクエスト、了解いたしました。
何だか、そう言っていただけると私も嬉しいものです。

これからも宜しくお願いします。

T様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

情報ありがとうございました。
今回のロケテストは、事前にバッチリ情報を入手していましたですよ!
というわけで、新筐体お目見えの大阪ロケテスト、
参加してまいりました。

ロケテノートに思いの程を叩きつけてきました。
思い残す事はありません。

粗いですが、ロケテレポも書いてみましたので、
そちらも宜しくお願いします。
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

吹田の国の旅人

Author:吹田の国の旅人
吹田の国に住む人の回想。

上のイラスト(筆者近影)は、『トリックスター』内のごった煮コンビ、鈍色カバリア堂様謹製。

CLARA-FIGHTER-2
上のイラスト(筆者近影2)は、『トリックスター』内の似顔絵同好会『あいゆえおえかき』所属の壱弐(いつじ)様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラスト(筆者近影3)は、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯謹製。(クリックすると大きくなります)

石ノ上古論様作

上のイラスト(筆者近影4)は、我が親愛なるブロ友・石ノ上古論御嬢様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラストは、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯による、筆者のイメージイラストです。(クリックすると大きくなります)



当ブログは『リンクフリー』かつ『アンリンクフリー』であります。
リンクを貼っていただいた方の所には、コッソリお邪魔させていただく所存です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム
誰でも大歓迎にございますよ。

この人とブロともになる

ギタドラ・スキルシミュレータ
詳細なスキル表

GITADORA GuitarFreaks
GITADORA DrumMania

プレーヤーIDは 『000051c344』 です。 人助けをするぐらいの意気込みで登録して頂ければ幸い。

GuitarFreaks XG 3
DrumMania XG 3



GuitarFreaks XG 2
DrumMania XG 2

GuitarFreaks XG
DrumMania XG

GuitarFreaks V7
戦績
GITADORA-GuitarFreaks_&_DrumMania_スキルポイントアピール1

ギタドラXG3のスキルです。
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラフレンド申請ページは
GuitarFreaks & DrumMania XG3 になります。

共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。


ギタドラXG2スキル
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。
RIVAL IDは『G1030007928113』
『D1030009227130』
でございます。共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。



POPN-MUSIC-20-戦績
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!





ポップン19
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!



ギタドラXG

ギタドラV7
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラV6

ギタドラV5

G2ex様のツールにより作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも一覧

くらふと栽培区域

― EED ―

ヘンリー田嶋のにわほーき生活

くすりふる。 ~絵と映画と小説とその他諸々ごちゃ混ぜブログ~

まぁ、めずらしく、ぞうきんがけしたら、うまくなってた

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

虹色ドロップ

Osaka-O-Sucker

★ Supaku Blog ★

Tairu's Diary ~たいるの日記~

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

在の世界

七人と透明な私

復活ゆなゆさちゃん

H0nNe96の雑記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。