スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタドラXG2、ポップンミュージック20、SOUND VOLTEX BOOTH。プレー動画撮影の登竜門、1。

皆様おはようございます。


先日開催された、第46回NFLスーパーボウル (アメフト)

ニューヨーク・ジャイアンツ対ニューイングランド・ペイトリオッツ

の、ラストの展開に心動かされてしまった、吹田の国の旅人です。
本当にジャイアンツは怖いな、と思い知らされましたよ。

いやぁ、アメフトは相変わらず面白いですね。
最後の決勝タッチダウンのシーンは、何か無性に面白かったですけど





○ギタドラXG2、ポップンミュージック20、SOUND VOLTEX BOOTH。動画撮影に挑む。

改めまして、おはようございます。
この冬も例年通り大雪にもみくちゃにされて、風邪を引いてしまいましたが、
不屈の根性で1日で完治させた、吹田の国の旅人です。


では、今日もコナミ・アーケード音ゲーネタで突き進みましょうかよ。


さて、今までもこれからも、基本的には音ゲーで驀進する予定の当ブログなんでありますが、
今まで記事を色々と書いてきて、色々と思う所が、と言いますか気になる所があった訳です。

それは、音ゲー、に限らず大抵のアーケードゲームではほぼ開催されているのですが、
『ネットランキング』、要するに筐体前でプレーした成績を、全国のプレーヤーと競い合い
スコアランキング形式として出す、アレの事なんですが。
私も今まで数々の激闘を色々と記事にしてきていたのですが、
音ゲーのネットランキングに関する記事では、
課題となった楽曲がどんなものかを理解していただかないと
まるで理解不能な記事にしかなりませんので、
私のブログに来ていただいている全ての御方(対象となった音ゲーをプレーするしないに関わらず)に、
曲の印象を掴んでいただくことを、大前提の目標にして書いているのですが。

たぶん伝わりきっていないよなぁ………といつも思い悩んでいたわけなのです。


勿論私とて、何とか伝えよう理解していただこうと、
あの手この手の創意工夫で書いてはきましたが、
それにしたって限界ですし、どう考えてもそれでは完璧には伝わらないだろう
という事になったしまったわけです。


で、どうすれば良いのだろう。
と思考の結果。



「筐体前でプレーした動画を撮影して、バシッと提示したら一目瞭然、理解明朗、じゃないか」



という、至極普通な結論に到達したわけです。
というわけで、タイトルのような事に行き着いたのです。


なら話は早い、早速撮影して来ようではないか。



取りあえず撮影はまず、携帯でやってみよう。

最初にボタンが配置されている所がフラットになっていて携帯を設置しやすく、
なおかつ設置場所が画面に近くて撮影しやすいだろうと推定された

『pop'n music 20 fantasia』
『SOUND VOLTEX BOOTH』


の2作品から撮影を始める事にいたしました。
(将来的にはギタドラXG2にも展開したい所ですね)


携帯の設置位置は色々な角度を模索した挙句、
プレーヤーが極端に映り込まず(視界を遮らない)
判定ライン含む画面が全画面に捉えられた位置。
要するに右端のボタンの右前、画面を斜め下から捉える位置、角度
撮影するのがベストだろうと言う結論になりました。
(おそらく理想を言うと、右斜め前から撮影した方が良いだろうとは思いましたが、それだと三脚を使用しなければならず、幾らなんでもそれは目立ちすぎて心理的にちょっとアレだったので断念しました。)


位置が決まったので早速撮影開始です。フフフ。

というわけで、色々と動画撮影してまいりました。


まずは下の動画を御覧下さいませ




<pop'n music 20 fantasia、プレー動画>


理系ポップ HYPER

コネクト HYPER

くりむ童話HYPER

くりむ童話EX

オイパンク0 HYPER



<SOUND VOLTEX BOOTH>


ヒマワリ MUZIK SERVANT Remix    ADVANCED

凛として咲く花の如く スプーキィテルミィンミックス    ADVANCED

ガッテンだ!! Novoiski Remix    ADVANCED

Ha・lle・lu・jah    ADVANCED

Love sicK    ADVANCED




見て頂ければすぐに解るとおり、色々な意味で凄まじく酷い事になってますね

まずは何と言っても画質が酷い事になってました
その場で携帯で再生してみた限りでは、まぁまぁ行けるんじゃないかい?
などと思っていたのですが、パソコンで再生してみると、これがまた。

「ヒョエー」

な出来栄えになってしまっていました。


ポップンでもサウンドヴォルテックスでもそうなんですが、
音ゲー動画の根幹を成すと言っても過言ではない
流れてくるノーツ自体が見事に、お潰れになり果てていらっしゃいました

思わずノーツに間違った敬語を使用してしまうほどの見事な潰れっぷりです。

おそらく、該当曲をある程度プレーされてる御方なら、
感覚でノーツが掴めるとは思いますが、
該当曲をプレーされたことのない御方は、
全く何が起こっているのか解らないほどの
酷いコマ送り状態になっています。

特にSOUND VOLTEX側でカクカクしたコマ送り状態になっていますね。


後は、SOUND VOLTEX側なんですが、
アナログデバイス(つまみ型のエフェクタ)を右か左に一気に動かす所では、
レーンなどの画面自体が一回転する演出があるのですが、
コマ送り状態が酷すぎるが故に、
『ガッテンだ!! Novoiski Remix』や『ヒマワリ MUZIK SERVANT Remix』では
まるで携帯電話が右手に当たって吹っ飛んだかのような物凄い映像になってますし、
『Ha・lle・lu・jah』では逆に、一回転が捉え切れなくて 『何か一瞬動いたかな?』 程度の状態になっています。
後はもう色々原因がありすぎて、見ていて酔いそうになってしまいます。


で、音ゲー動画において、もう一つの重要な要素である『音』なんでありますが、
これはまぁ、
「必要最低限は何とか……」
という曲もあれば
「ウオオォ、何かよく解らぬ……」
という曲もあったりして、印象は曲ごとに様々でした。
(まぁ本当に最低限でしかないですけど)

特に『オイパンク0』は結構アレな出来で、
サビが何度聞いても

ランチ!ランチ!&‘*#」!=_?#&’!!
ランチ!ランチ!$“%%&!**ランチ!!
ランチ!ランチ!|+‘*」!?PG&’&‘!!
ランチ!ランチ!**+?_」!&*#$&%ランチ!!


としか聞こえません。

ただこの曲に限っては、よく判別できない分、無駄な勢いが増幅されているように気もしますが。





○要するに


結論から言いますと、これじゃ全然ダメではありませんか

本来の目的である、

『音ゲーのネットランキングに関する記事で、課題となった楽曲がどんなものかを、私のブログに来ていただいている全ての御方(対象となった音ゲーをプレーするしないに関わらず)に理解していただく』

という目標が、まるで果たせないではありませんか。


うーん、もっと簡単に出来るかと思っていたのですが、
意外と難易度は高そうですね。

とりあえず今度は携帯側の設定も含めて、
色々と作戦を練る必要がありそうですね。



にしても携帯での動画撮影は問題が山積していました。
今回は取り上げませんでしたけど、他にも

「動画の容量がデカすぎて保存できなくなってしまった」(必死にその場で設定を変更した)

「撮影開始、のはずがボタンを押し間違えていた」

「プレー中に右手で携帯を吹き飛ばしてしまった」(オラッ!!あっ………)

「プレー中に振動?で携帯が勝手に転倒」(あっ?)

「右アナログデバイス(つまみ型のエフェクタ)、右端ボタンのすぐ横にある携帯が気になって、右手の動かし方がおかしくなる」(意外と気を使ってしまうものです)

「携帯で撮影した動画がパソコンで再生できない」(これは最初メチャ困った)

「携帯の電池が一瞬で無くなってしまった」(ギタドラで撮影出来なくなってしまったではないか)



それにしても、
「それを証明したいのなら、携帯ででも動画撮影してアップロードしろ」
などと簡単に言えたもんじゃないな、と思えた一日であった。


以上



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

プレイ動画の撮影はなかなか一筋縄ではいきませんよね~
音ゲーの場合、映像はデジカメで三脚使用または誰かに撮影してもらうって感じでいけると思いますが、音声はどうしても周辺ゲームの音を拾ってしまいます。
店員さんと仲良くなって、ライン録音できないと厳しいかも?

No title

・・・とても・・・お疲れ様です。

今度はハチマキでデジカメを頭に固定してみてはいかがですか!!←

No title

動画に手を出し始めましたか・・・!
 
コッペもチャレンジしてみたいと思った事は何回もありますw
環境が微妙すぎて行動に移すことはありませんでしたが。。。
 
最近は携帯の性能が上がってきたので
携帯片手に試してみる価値はあるかもしれませんね!
 
音ゲー動画撮影に慣れている人は
あえてハイスピードを落とす事でノートの映りを良くしたり
するケースもあるようです。
 
やはりノートのブレが最大のネックになるのでしょうね(;´Д`)

 

No title

ども。激しい動きのある動画撮影は難しいですよね。
自分は音楽活動の撮影用に、
Kodak PLAYSPORT2というポケットビデオカムを使ってますが、
60fpsで撮影出来るのと、マイクの感度が調整出来るので、
そこそこの動画は作れますよ。
・・・ただ¥15000くらいかかるってのが、ネックなんですが。(^^:)

良い動画が作れる事を祈っております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちはー!

まさかこのような形でプレーが拝見出来るとは…
ちょっとまだ全部見てないので時間がある時にじっくり観察させて頂きます

こっちのプレーもドヤ顔とともにお送りしたいのですが、伝える術が無いので割愛します
ゴリ押しダウンピッカーなので見られてもお恥ずかしいだけですが(笑)

No title

こんにちは。

撮影お疲れ様です。やっぱ難しいですよね。
自分も撮影して、自分のプレイ(手元とか)とか確認したいんですけど、何からやったらいいのかわかりません。

メイプル様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

プレー動画の撮影は、やる前は
簡単明瞭に出来るだろうと思っていたのですが、
事前には予想もしていなかった問題山積で、
驚くほど一筋縄ではいきませんでした。

おそらく三脚使用がベストではありますが、
持ち運びに苦戦させられがちですし、
何より携帯が固定できないという事がありますが、
そこは工夫と努力で、どうにかします。

音声は周辺の音を拾ってしまうのは、
どうしようもなさそうですね。
筐体のスピーカーの方向以外を遮蔽版で囲ってしまうという荒業も考えていますが、
どこまで行けるかは試してみないと解りませんね。

あとは店員さんと仲良くなるという方法ですが、
私の場合ですと、辺境にあるラウンドワンでプレーしていますので、
流石に望み薄であると思います。

何かどうにもならなさそうで、
工夫次第ではどうにでもなりそうな実感もあったりします。

QSTOL様へ

ようこそ辺境の国へ。
吹田の国の旅人です。


ハチマキでデジカメを頭に固定。

その手があったか!


おそらくどんなに直立不動の姿勢に気をつけても、
撮影したら画面ブレまくりで、見ていて酔いそうな動画になりそうですが、
万が一にでも上手く行くかもしれませんね。

やってみましょうか。

コッペパン様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

本文中に書いたような目的ではありますが、
遂に動画撮影に手を染めてしまいました。フフフ。
将来的には、その目的以外でも動画を使用する事を色々と画策していたりします。期待あれ。

実はあれから同作品でも様々な筐体、環境で動画を撮影していったのですが、
環境が動画品質に与える影響の大きさに驚愕させられてしまいました。
正直、色々な意味でここまで違うのかと思わされてしまいました。
ポップンアニメロ筐体の前で軽く絶望したのもいい思い出。

やはりスクロールスピードを落すのは有効なのですね。
私もあれからスクロールスピードを調整して色々試し撮りしてまいりましたが、
かなり効果がありますね。
抜群に見易くなりました。

VIC四国様へ

ようこそ辺境の地へ。

音ゲーの動画撮影の難しさと工夫のしがいに、
虜にされてしまった感がある、吹田の国の旅人さんです。


ポケットビデオカム、良いかもしれませんね。
携帯では色々言っても限界は存在するので、
限界を突き抜けるには機材にこだわるのも手ではあるなと思っています。
実は私の理想を言ってしまいますと、

『実際に筐体前でプレーしてるときに目で得られる映像を
そのまま動画で再現する事』

なんであります。
なので、そこに投資して音ゲーと日本経済を多少なりとも活性化させるのも
悪くはないかなと思っていたりします。

ただ、あまりやりすぎると、
「撮影は250fps、シャッタースピードは1000分の1秒で」
「光量が足りないので左斜めからライトで照らしながら撮影するか」
とか言い出しそうな自分が想像できて怖いのですけど。

○○○○様へ

ようこそ辺境の国へ。
吹田の国の旅人です。

画像や説明文だけでは、結局は全てを伝えることはできないな
という思いから編み出された動画撮影という結論であります。
全ては来訪者のために!


「性能の差がそのまま戦闘力の差になるわけではない」

ジオンの赤い彗星の御言葉は響きますね。
今後機材にこだわる事になったとしても、
携帯で悪戦苦闘した経験は必ず活きると思っております。


で、本題に入るのですが、
私程度で宜しいのであれば、いつでも協力させていただきますぞ。
勿論時間は有限ですので、
無限というわけにはいきませぬが。
とりあえずメッセージをブン投げておきます。
確認くだされ。

fizz様へ

ようこそ辺境の地へ。
ゴリ押しダウンピッカー、吹田の国の旅人です。

私もまさかこのような形でプレーを公開してしまう事になるとは
夢にも思っておりませんでした。
あまりじっくり観察されてしまうと、照れますね。

今回は動画撮影の困難さを実感すると共に、
面白さにも目覚めてしまいました。


「こんな感じで今後も定期的にプレー動画をアップしていくからなっ!!
覚悟してけっ!!」

エル様へ

ようこそ辺境の地へ。
吹田の国の旅人です。

動画撮影の困難さと面白さに目覚めてしまいました。

何と、プレー動画撮影をしてみたいのですか。
ならば方策は一つで、
『まずは何でもいいから撮影してみる』
事に尽きると思います。
一発目から完全な物など撮影できるはずがありませんし、
それならまずは撮影をしてみて、そこから問題点を挙げていって、
今後の撮影に活かしていく、
という試行錯誤で進んでいくしかないかなと思っています。

一発目から完璧なものを撮影しようとするから、
何からやったらいいのか解らず、一歩目が踏み出せないのです。

何でもいいので一歩目を踏み出してみないと
何も起こりませんぞ。
一歩目をあらぬ方向に踏み出してしまっても良いではありませんか。

どうも、お久し振りですね!
調子はどうですか?

動画撮影は自分もしますよ!
使っているのはPanasonicの
LUMIX.DMC-FX77です

普通に見る分には全く問題なく
多少ノーツがブレるかなくらいで
綺麗に見れるレベルだと思います♪

ギターXGのノーツ倍速7~8も
普通に見れるレベルです

ドラム倍速4~5も同じくみれます

唯一の欠点は撮影時間が約30分なところぐらいです

三脚は無くても工夫次第で綺麗にとれます

最初は恥ずかしいけど
意外とおもしろいですよね
動画は撮影しても身内で
楽しんでおりますよー!

K様へ

ようこそ辺境の地へ。
1年366日、常時絶好調な吹田の国の旅人です。

おおぉ、動画撮影されるのですね。
やはりプレーしておりますと、
自分のプレーを動画で撮影してみたいという願望が沸き起こるのは、
音ゲーマーでは自然な勢いみたいですね。

何だか素晴しい機材をお持ちのようですね。
そのスクロールスピードで普通に見られるというのは、
相当凄いですよ。
欠点が気にならないくらいです。

三脚が無くても工夫次第で色々と撮影できてしまう所は
私もその通りだなという印象を掴みつつありますが、
正直、ドラムXG2だけは未だに上手い撮影方法がわからずに苦戦し続けております。
もう30~40本ぐらい撮影しましたが、とても見れた物には仕上がっていません。

流石の私ももはや、NO IDEA状態なのですが、
どのようにして撮影しておられるのですか。
興味津々であります。

最近は動画撮影に妙にハマりだしております。
自分はこんなプレーをしていたのだなと、改めて思い知らされています。
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

吹田の国の旅人

Author:吹田の国の旅人
吹田の国に住む人の回想。

上のイラスト(筆者近影)は、『トリックスター』内のごった煮コンビ、鈍色カバリア堂様謹製。

CLARA-FIGHTER-2
上のイラスト(筆者近影2)は、『トリックスター』内の似顔絵同好会『あいゆえおえかき』所属の壱弐(いつじ)様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラスト(筆者近影3)は、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯謹製。(クリックすると大きくなります)

石ノ上古論様作

上のイラスト(筆者近影4)は、我が親愛なるブロ友・石ノ上古論御嬢様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラストは、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯による、筆者のイメージイラストです。(クリックすると大きくなります)



当ブログは『リンクフリー』かつ『アンリンクフリー』であります。
リンクを貼っていただいた方の所には、コッソリお邪魔させていただく所存です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム
誰でも大歓迎にございますよ。

この人とブロともになる

ギタドラ・スキルシミュレータ
詳細なスキル表

GITADORA GuitarFreaks
GITADORA DrumMania

プレーヤーIDは 『000051c344』 です。 人助けをするぐらいの意気込みで登録して頂ければ幸い。

GuitarFreaks XG 3
DrumMania XG 3



GuitarFreaks XG 2
DrumMania XG 2

GuitarFreaks XG
DrumMania XG

GuitarFreaks V7
戦績
GITADORA-GuitarFreaks_&_DrumMania_スキルポイントアピール1

ギタドラXG3のスキルです。
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラフレンド申請ページは
GuitarFreaks & DrumMania XG3 になります。

共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。


ギタドラXG2スキル
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。
RIVAL IDは『G1030007928113』
『D1030009227130』
でございます。共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。



POPN-MUSIC-20-戦績
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!





ポップン19
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!



ギタドラXG

ギタドラV7
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラV6

ギタドラV5

G2ex様のツールにより作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも一覧

くらふと栽培区域

― EED ―

ヘンリー田嶋のにわほーき生活

くすりふる。 ~絵と映画と小説とその他諸々ごちゃ混ぜブログ~

まぁ、めずらしく、ぞうきんがけしたら、うまくなってた

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

虹色ドロップ

Osaka-O-Sucker

★ Supaku Blog ★

Tairu's Diary ~たいるの日記~

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

在の世界

七人と透明な私

復活ゆなゆさちゃん

H0nNe96の雑記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。