スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GuitarFreaks XG3 & DrumMania XG3。ギタドラXG3イベント『スターロワイヤル』任務完了。

皆様おはようございます。
吹田の国の旅人です。















諸葛亮いわく20





○GuitarFreaks XG3 & DrumMania XG3。私をここまで熱くさせるとはな。


改めまして、おはようございました。
黄砂の乱舞で我が視界は黄色、鼻水は透明な黄土色、吹田の国の旅人です。(汚)


では本日も勢い良く、コナミ・音ゲー・ギタドラXG3ネタで参りますぞ。


GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3



さてな。4月11日(水)~4月24日(火)まで、春の嵐吹く日本列島を縦に五分割し、14日間に渡って開催されてきた、個人スコアバトルイベント『スターロワイヤル』。
気合十分で参加し、終了とともに力尽き崩れ落ち息絶えた参加者の皆様、
おはようございました!!(意味不明)


結果は如何でしたかな?


今回はXG2時代のKAC(KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011)以来となるネットランキング形式のスコア集計方式による腕の競い合い、という事で。
まぁ、日本全国のプレーヤー全員と競い合うかと思いきや、実力が最も接近した5人のみと競い合うという衝撃展開になってしまいましたが
負けず嫌いであった私は、絶対に負けるものかとガシガシとやり込んでしまう事になりました。

結局は当初に予想された通り、5人全員が本気で挑むという展開にはならず、
私のグループでもギタフリは私含め2人、ドラム側は3人でのマッチレースとなりました。
とは言え、流石に実力が近いという事だけあって、その2人、3人とは異常すぎるほどスコアが接近した状態で最終日まで駆け抜けるという、デッドヒート状態になってくれました。

特にギタフリ側はその傾向が顕著で、私含め2人だけのマッチレースだったにもかかわらず、この相手がまた非常にいやらしく(褒め言葉)

金曜日にスコアを抜く。しかし抜き返される
土曜日にスコアを抜いた。しかし夜に抜き返される
日曜日にまた抜き返す

と一日ごとに入れ替わる展開に。


この展開に私の負けず嫌いの血は、大きく胸騒ぎを起こしてしまったのでした。

おかげで、負けるかぁぁという熱いモチベーションにより、この辺の色々な意味で厄介だった難関曲10曲を『課題曲である』『負けてたまるか』というモチベーションでもってやり込む事が出来てしまい、これはとても良かったです。
まただからこそ、
『課題曲であるという高いモチベーションを持って、連続選曲する事が自然に出来てしまう
という状況になる、このような大会形式イベントは、
『曲別スキルの上昇』『リアルスキルの上昇』
にとって、非常に有効であったな、と実感させられました。

また、そのような状態だったからこそ、
『このような大会、スコアランキングでは、普段では出ないような力が降臨して、好成績を叩き出す事が出来てしまう、所謂、大会ブースト
を今回も発揮する事が出来てしまったのではないかと思っています。


勿論、ここまでの境地に至るには、しのぎを削るライバルの存在が欠かせなかったわけでして。
本気での参加が私一人だったら、こうは行かなかったように思います。(1人でもある程度の境地にまでは達せられるとは思いますが)

この私をここまで熱く燃え上がらせてくれたライバル(戦友)には、感謝の言葉しかありません。


だからこそ。
だからこそ本気の5人フルメンバーで競い合いたかったなという思いで一杯ですね。
(5人のグループとは別に、全国ランキングも表示してくれて、『X-TRIAL』の時みたいにランク表示もしてくれてたら、もっと状況は変わっていたかもしれないなと思っていたり)





○課題曲を振り返ろう。前半戦。


さて、それでは課題曲となった10曲の、スターロワイヤル的スコアアタック形式でのプレーの印象を、
私視点でガリッと振り返ってみようではありませんか。(ガリッ?)

まずは前回の記事で振り返り切れずに力尽きた、残り5曲を。



・星のすみか (藍坊主)


GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3-星のすみか GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-星のすみか3



版権曲。
アニメ「TIGER&BUNNY」ED曲

Aメロからとにかく今言いたい事を全部伝えきってやるぞ的な歌詞が、なかなか好印象。
すぐに自然に脳に入って離れなくなりますね。
そこは良いのですが、逆にサビの歌詞が全く脳に入らず記憶の断片も残らないのですが、一体どういう事ですか。

曲調からして、これまでの経験から行くとギタドラ共に、比較的速いものの基本の刻み譜面になっているはずだと思いきや、
いざプレーしてみると予想外すぎてビビってしまったではありませんか。

特にギタフリ側で顕著なのですが、ちょっと所じゃないぐらい油断ならない譜面でした。
出だし1ノーツ目からいきなり16分オルタ129連打。やってくれるな。
さらにサビは、直線的とはいえBPM188の16分オルタ145連打が2回も飛んでくる
というなかなかのの所業。

今回のスターロワイヤル開催中は、皆プレーするためにオンラインセッションになる回数が非常に多かったのですが、個人的には『SAVED』になる回数が一番多かったのが、実はこの曲でした。
そう考えると、難易度表記5.60はなかなかに厳しいという事になりそう。

オルタ自体は確かに直線的ではあるのですよ。それは解るのですが、
速いんですよ。
速いのですよ。
それだけで十分、難易度的に突き抜ける要素はあると思っているのですけどね


結局、私はギター・ドラム共に期間内では繋げられませんでした。ぐぬ……





・Pink Bird (肥塚良彦)






肥塚王子のインスト・Ver.PINK

インスト的王子曲は基本的に、
色々な意味でウネウネし続けてみたり、
局所的に、それまでの流れからは考えられないぐらいの、異常な速さの連打が飛んで来たり、
速いのか遅いのかよく解らない、緩々階段がヘニャッと襲ってきたり、
とにかく、いやらしい手つきが全編的に要求される曲揃いなのですが。
勿論この『Pink Bird』も例外ではありません。

言ってしまうと、
「如何にいやらしくなったモン勝ち
と言える。


実際にプレーしてみての印象ですが、
ギタフリは中盤の緩々螺旋往復階段
で勝負が決まりますね。

一方、ドラムは頻繁に挿入されるいやらしいロータム、フロアタムを如何にノーミスで捌けるかでスコアが決まる印象です。
このタムを適当にササッと叩こうとするのではなく、1打1打確実にキッチリ叩くことが重要であるなと思われました。
要するに、
『ロータム、フロアタムの所でミスが出たら、大いに悔しがる心がけが重要
だと思った。


とか書いてますが、結局ギタドラ共に繋がらず。
どういう事だ。





・Before Daybreak (TAG)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-BEFORE-DAYBREAK



TAG的インスト。解りやすいです。

ギタドラXGのオンライン公式ネットランキング大会『X-TRIAL』の、記念すべき第1回『Opening Trial』(2010年5月19日~30日)の隠し曲として我々の眼前に姿を現した楽曲。

その後、同じギタドラXGのX-Trial第3回『COMBO Trial』では課題曲として選抜され、私の脳と両腕と心臓大いなるトラウマを刻んでいった。

当時のX-TRIAL参戦記を見返してみても、


・現時点の私では、どうにもなりませんね

・攻略には程遠い印象

・まさに外道


といった単語が並んでいる所から、おおよその事は推察できるかと思います。

2週間で10曲ものスコアをバシッと出さなければいけない今大会では、私程度のスキルであれば正直、
素直に『2番目の難易度数値の譜面』(ドラム黄D、ギタフリ赤G)でサクッとスコアを稼いでしまう方が賢明だと言わざるを得ません。

が、
何だろう
この
釈然としな
い感じ

……


納得いかないぞコレは。





・SCREW DRIVER (96)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-SCREW-DRIVER GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-SCREW-DRIVER3




96的スクリュードライバー

という所は良いのですが、脳内で曲や譜面を再生しているといつも、
『Raidillonとメロディがゴッチャになってしまう』
事に(主に私から)定評のある楽曲。

いや、その。
何か混ざるんですよ。

「あれ?あのオルタのパターンって、SCREW DRIVERとRaidillonどっちだったっけ」
「あれ?あのドラムの左足のパターンって、SCREW DRIVERとRaidillonどっちだったっけ」

と思ってしまうのは、きっとまだ私のやり込みが足りないからに相違ないだろう。


ギタドラ共にMASTER譜面からやってまいりましたが、
ギタフリ側はギターベース共に、数えきれないぐらい頻繁に曲中に挿入される
『8分連打中の16分運指3連打』
を如何に捌けるかで、ほぼ全ての運命が決定されると言っても良いかと思われました。

ここの3連打はBPM188と相当速いので容易には繋がって行ってくれないのですが、個人的には

・1打目+2打目

・3打目
を切り分けて考えて、まず『1打目+2打目』だけを意識して確実に捌き、それを確認してから『3打目』を捌く
という意識
でやると、割と上手く行くようにはなりました。

と言っても、結局うまくスコアが出せなかったのは痛恨の極み


ドラム側もMASTER譜面でチャレンジしてきましたが、先述の大会ブーストが上手く起動し、
意外とスコアが出せた(当社比)のではないかと思っているのですが。





・優勢オーバードーズ (PON)



GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-優勢オーバードーズ



PON的直球
そのままですやん。


プレーしてきての印象ですが。
ギタフリ側は、ある日突然早くなったり遅くなったり(しかも微妙に)するのが何だか厄介で、
パッと見では、どう考えても難しいような印象は受けないにもかかわらず、全く繋がる気配すら感じられないまま、2週間を浪費してしまうという屈辱を味わう羽目に何たる事!

一方のドラム側は、難易度表記自体は高めですが、その難しさが
『シンプルな難しさ』
であるが為に、意外とスコアは出やすい(と個人的には思っているのですが)。





○課題曲を振り返ろう。後半戦。

ここからは、前回の記事(中間経過)で振り返った残り5曲の顛末を。
括目。



・CRAZY FOR YOU (Kylee)


GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3-CRAZY-FOR-YOU GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-CRAZY-FOR-YOU3




版権曲。
『jubeat copious APPEND』にも収録されてますね。

出だしからしばらく何のノーツも降って来ない事に定評のある楽曲。
ただ、それは別に悪い事ではなく、曲の出だしの雰囲気を考えればむしろそれが当然、と思われます。

出だしから、歌が始まって、

「届け この思いよ
夜空はキミへの滑走路
ハートを揺らすよ キミの声
お願い これ以上 じらさないで
かけ引きなんてできなくって
今すぐ会いたいよ I’m just crazy for you」

まで何も降ってきませんが、
このまま数週間たっても何も降って来ないのではないかと錯覚しがちになりますが。

ここはギャンギャン鳴らしたり、ドコドコ叩いたりといった無粋な事をせずに、曲の雰囲気に合わせて静かに待つのが嗜みだろうなと、だんだん思うようになってきた私は、どうかしているかもしれない


中間経過では、難易度数値の高い赤ベースが繋がらずに悶絶していましたが、無事繋がりましたが、残念な事に
ドラムは、今でも悶絶し続けています

もうプルプルです




・笑ってたいんだ (いきものがかり)


GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3-笑ってたいんだ


赤D、赤B
繋がりました。




・POWER (Thomas Howard Lichtenstein)



GUITARFREAKS-XG3-POWER-FULLCOMBO DRUMMANIA-XG3-POWER-FULLCOMBO

赤D、赤B
繋がりました。




・X-Plan (Tom-H@ck feat.Nadia)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-X-PLAN


「何故繋がらないのだ。」
と原因を考えていましたが、最終的には

『妖怪の仕業である』

という結論に達しました。


ちなみに、アルミホイルやサランラップがグシャグシャになってしまうのも、妖怪の仕業です





・紅蓮の焔 (劇団レコードfeat.浅葉リオ)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-紅蓮の焔 XG-紅蓮の焔3



期間中に上手く大会ブーストが発動してしまい、



DRUMMANIA-XG3-紅蓮の焔-FULLCOMBO

ドラム側・EXPERT-DRUM譜面が繋がってしまう羽目に。
たぶん、このような大会じゃなかったら、繋ぎ切れなかったと思う






○第1回スターロワイヤル。最終経過


というわけで、何故か最後になってしまったのですが、
全日程が完膚無きまでに終了してしまった所での、私の途中結果をご紹介させていただきます。


<GuitarFreaks XG3・最終経過>


・CRAZY FOR YOU    6370728
・笑ってたいんだ     7000951
・POWER         7982629
・X-Plan         9720612
・紅蓮の焔        7460932
・星のすみか       6653240
・SCREW DRIVER    5926735
・優勢オーバードーズ   7168456
・Pink Bird         8676084
・Before Daybreak    7200525


・Total Groovy(合計点) 74160892

・順位          1位



<DrumMania XG3・最終経過>


・CRAZY FOR YOU    5723071
・笑ってたいんだ     4834020
・POWER         5588713
・X-Plan         5297623
・紅蓮の焔        6108313
・星のすみか       5266976
・SCREW DRIVER    6113085
・優勢オーバードーズ   5234400
・Pink Bird       5403283
・Before Daybreak    5199255


・Total Groovy(合計点) 54768739

・順位          1位



このような結果になりました。

と、第1回の日程は終了してしまいましたが、改めて思うに、
記事の前半で書きましたように、
久々に熱くなってしもうたり、
大会ブーストがかかるほどのモチベーションでやり込めてしまったり、
と、あって。
それだけでも参加して良かったかなと思いました


今回はギタドラのスタッフ様方に向けては、色々な方面から
きっと色々な思いが噴出したと思いますので、これを糧に
第2回以降は素敵な大会にしてくれる事を願ってやまない。
我が願いは、それだけですね


とりあえず、今現在の自分のスコアと順位と、ライバルの動向ぐらいは、
筐体前でリアルタイムで表示させる所から、やっていただきたいなと思う所です。
アレが、表示されてるされてないで、燃え方も若干変わってくるのですよね
後は、課題曲の表示位置をもっと『シンプルな解りやすさ』にしてほしい所ですね。
個人的には、『1曲目プレー時の選曲欄に入った時に、選曲カーソルど真ん中の位置に課題曲10曲ズラッと並べて良いとすら思っているのですけどね。

後は報酬ですか。
そこを良いバランスで改善できたら、物凄く盛り上がりそうな可能性を秘めている
と私は思っているのですが。



以上





人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村


<過去のギタドラ・ネットランキング+公式大会>

・ギタドラXG時代

第1回『Opening Trial』結末
第2回『PERFECT Trial』、予兆。
第2回『PERFECT Trial』、進行中。
第2回『PERFECT Trial』、終幕。
第3回『COMBO Trial』、予兆。
第3回『COMBO Trial』、幕前。
第3回『COMBO Trial』、進行中。
第3回『COMBO Trial』、終焉の時。
第4回『MASTER Trial』、開幕。
第4回『MASTER Trial』、途中経過。
第4回『MASTER Trial』、終幕。


・ギタドラXG2時代

ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、出発。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、1次予選・進行中。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、1次予選終了・冒険は続く。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、2次予選終了。明日への誓い。



・ギタドラXG3時代


第1回『スターロワイヤル』中間経過
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

GuitarFreaks XG3 & DrumMania XG3。ギタドラXG3イベント『スターロワイヤル』開始。伝説の小競り合い。

皆様おはようございます。
私の作業用BGMは、ネット上に数多公開されている、個人作製の
『RPGツクール用・BGM』
だったりする、吹田の国の旅人です。

いや、これがまた燃えるんですよ。
捗るんですよ。

特にバトル用の音楽は最高ですね。


後は、


この動画とか。



ある意味バトル用と言えるであろうと考えられます。

(聴いていて思うのですが、スネアの音が物凄い気になる)
音ゲーに収録してみたら面白いのではなかろうかと個人的には思っているのですが。





○ギタドラXG3、終わりなき小競り合い『スターロワイヤル』

改めまして、おはようございます。
冒頭であのように書きましたが、音ゲーの楽曲プレー記を書く時は、
自分で撮影した、その対象楽曲のプレー動画を無限に流し続けている、吹田の国の旅人です。

いや、だってほら。
楽曲プレー記書いてる時に別の曲聞いてたら。
その。
混ざる?

ちなみに、2か月ほど前の記事で公開した、
『WE LOVE ポップンミュージック みんなでつくって20 ~アーティストはキミだっ!~』
のイラストコンテスト用の作品を描いている時は、
勿論『ストライフ』『トラディショナルルーツ』が無限再生でした。(公式ページの視聴のヤツ)



では本日も勢い良く、コナミ・音ゲー・ギタドラXG3ネタで参りますぞ。

という事ですので、音ゲーマーの皆様だけでなく、音ゲーをプレーされない御方も折角の機会ですのでお付き合いいただければ、私は小躍りしてしまう事でしょう。



さて、ギタドラXGシリーズの新作、XG3が2012年2月23日に稼働開始してから、もはや2か月が経過しようという事になってしまいやがりましたが。
皆様楽しんでますでしょうか。

稼働開始から2か月。何だか物凄く動きが鈍い印象がありましたが。
ここにきてようやく、
個人対抗イベント『スターロワイヤル』
が開始されていましたね。

と言われても、ギタドラをプレーされない御方には、何の事か不明かと思われますので、簡単に御説明させていただきますと。
様々なタイプの楽曲を選抜した、と銘打たれた楽曲10曲(旧曲、新曲ごちゃ混ぜ)を共通の課題曲とし、2週間にわたる開催期間で、どれだけ高スコアを叩き出せるかを競う、という
ゲームならばよくある、己の腕で全てが決まるネットランキング形式の熱き戦い
なのです。
で、競い合う相手は勿論、日本全国に散らばるギタドラプレーヤー全員。
かと思いきや、どういう訳か、
『自分と実力の近いプレーヤー5人
のみで競い合うという、まさかの衝撃展開に。

何で。
どうしてなの。

日本全国のプレーヤー全員と競い合う、でいいじゃないか。

何で。

何で、5人だけなんですか。


幾ら実力が近いとは言え、たった5人で小競り合いしてどうするんですか。
余りにも小競り合い過ぎて、反応に困ってしまうではないですか。

何故。
どうしてなんですか。

コレの仕組みを考えたスタッフの方々の脳の構造は、どうなってるんですか。


と、まぁそんな風に思ってはみたものの、生来強烈に負けず嫌いであった私は、兎にも角にも
やらずにはおられなくなってしまったのです。
くそぅ、わかったよ!!やってやんよ!!
やってやろうじゃないか!!
やるからには、立ち塞がる者は片っ端から、力ずくで蹴散らしてやるからな!!
覚悟しとけ!!!


と、何だか物凄い回りくどいモチベーションが猛烈に湧き起ってしまったので、
ガリガリとプレーしてきましたよ。
とは言え、流石に実力が近い5人と言うだけあって、一筋縄ではいかないですね。
打ちのめされそうです。




○第1回『スターロワイヤル』。中間地点。

そんなわけで、回りくどいながらもプレーしているのであります。
今回の開催期間は

2012 / 04 / 11 10:00 ~ 2012 / 04 / 24 23:59

となっております。というわけで、ちょうど前半戦終了と言った所ですね。
で、気になる課題曲は、様々なタイプを一緒くたに纏めたこの10曲。


・CRAZY FOR YOU
・笑ってたいんだ
・POWER
・X-Plan
・紅蓮の焔
・星のすみか
・SCREW DRIVER
・優勢オーバードーズ
・Pink Bird
・Before Daybreak



個人的には、なかなかに意図を感じられる選曲でした。これは好印象だったのですけど。

で、私が実際にプレーしてみての手応え的なものを、前半戦の総括と合わせて御紹介させていただきましょうか。
楽曲毎に、プレー動画も添付させていただきました。
(プレー動画は勿論、私がバリバリとプレーしつつ撮影してまいりました)
動画撮影の当初の目的は、
『音ゲーのネットランキングや新曲等に関する記事では、対象となった楽曲がどんなものかを理解していただかないと、 まるで理解不能な記事にしかなりませんので、 私のブログに来ていただいている全ての御方(対象となった音ゲーをプレーするしないに関わらず)に、 曲の印象を掴んでいただく』
だったのですが、まさにそれが今この時だという事で、テンション上がっております。




・CRAZY FOR YOU


GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3-CRAZY-FOR-YOU GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-CRAZY-FOR-YOU3



【GuitarFreaks XG3】CRAZY FOR YOU (GUITAR-EXPERT)  プレー動画

【GuitarFreaks XG3】 CRAZY FOR YOU (BASS-EXPERT)  プレー動画

【DrumMania XG3】 CRAZY FOR YOU (EXPERT)  プレー動画

(音量が大きいので注意)






版権曲。
jubeat copious APPENDとの連動イベント『APPEND TRAVEL』にも選抜されていましたね。
楽曲を聞いた限りでは、何の変哲も無い単調な基本譜面だろう
などと思っていたら、基本的にとんでもない目に遭わされてしまいました
ドラム側は『左シンバル+左足の同時刻み』
ギタフリ側は、スコアが高いベース譜面が何だかよく解らない(わけではないがプレーしてると混乱する)タイミングでの小規模オルタ混入
となかなかで、未だにギタドラ共にこの1週間で繋げられずにいます。
繋がりそうで繋がらないもどかしさに悶絶しそうです

プレー動画からも繋がりそうで繋がらず悶絶する私の思念が伝わってくるはず。
考えるのではなく感じる譜面だと思う(意味不明)



・笑ってたいんだ  (いきものがかり)



GUITARFREAKS-XG3-DRUMMANIA-XG3-笑ってたいんだ



【GuitarFreaks XG3】笑ってたいんだ (GUITAR-EXPERT)  プレー動画

【GuitarFreaks XG3】 笑ってたいんだ (BASS-EXPERT)  プレー動画

【DrumMania XG3】 笑ってたいんだ (EXPERT)  プレー動画

(音量が大きいので注意)







正真正銘の基本譜面
既にギタドラで何曲目になるのか解らなくなってきた『いきものがかり』の版権曲。
(V6の『ブルーバード』、XGの『気まぐれロマンティック』、XG2の『じょいふる』、XG3『笑ってたいんだ』で4作連続4曲目ですね)

ギタドラ共に基本譜面です。

もう書く事が無くなってしまったではありませんか。

とりあえずドラム側は、初見1発で繋げられた人は、結構凄いと思います。




・POWER  (Thomas Howard Lichtenstein)





【GuitarFreaks XG3】POWER (GUITAR-EXPERT)  プレー動画

【GuitarFreaks XG3】 POWER (BASS-EXPERT)  プレー動画

【DrumMania XG3】 POWER (EXPERT)  プレー動画

(音量が大きいので注意)




ギタドラに無くてはならない存在となった(と思っているんですけど。良いんですよね?)
Thomas Howard Lichtensteinさんの楽曲。
この人の楽曲は結構幅が広くて、
『縦方向にすごい勢いで疾走していくタイプの曲』
『ドラム譜面がヘンテコな、緩渋系の楽曲』とか
色々あるのですが、今回は縦方向疾走系の楽曲でした。

ドラム側はひたすら楽しいですね。
あの裏続きとか。
一途ですが、それがいい。

ギタフリ側は、スコアが出やすく、またスコアが出るのはベース譜面なんですが、
BPM200の8分連打を、1分47秒間で635連打する』
という右腕が物をいう譜面ですので、KIAIで何とかするのだ。




・X-Plan  (Tom-H@ck feat.Nadia)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-X-PLAN



【GuitarFreaks XG3】 X-Plan (GUITAR-EXPERT)  プレー動画

【GuitarFreaks XG3】 X-Plan (BASS-EXPERT)  プレー動画

(音量が大きいので注意)






Tom-H@ckさんの楽曲。この御方、調べてみたらアニメ『けいおん!』や『けいおん!!』で、楽曲的に暴れ回っておられた(素敵な意味で)御方のようですね。
今作新曲でも参戦しておられますね。

で、今回のスターロワイヤル的に言いますと、
ギタドラ共にまだ修行が足りていません
両足交互連打が、日によって(というか肉体と眼球の疲労度によって)出来が変化してしまうのをどうにかしたい所なんですが、どうしたら良いですか。




・紅蓮の焔  (劇団レコードfeat.浅葉リオ)


GUITARFREAKS-DRUMMANIA-XG3-紅蓮の焔 XG-紅蓮の焔3


【GuitarFreaks XG3】紅蓮の焔 (GUITAR-EXPERT)  プレー動画

【GuitarFreaks XG3】 紅蓮の焔 (BASS-EXPERT)  プレー動画

(音量が大きいので注意)







ギター音がエロイ。


この曲もドラム譜面が、繋がりそうで繋がらないという一進一退な状況に、悶絶し続けております。何故だ。







折角ですので、この『紅蓮の炎』はプレー動画を直貼りしてみました。(上がギター譜面、下がベース譜面)
このプレー動画も勿論、私がバリバリとプレーしつつ撮影してまいりました。
そして今回撮影するに当たり、従来と変更した点がありまして。
ギタフリ側では今まで携帯をスピーカー(ギター音(ベースプレー時はベース音)が優先的に出る、上段の下2つのスピーカー)に凄く近い位置で撮影していたため、どうしても音的にバランスが悪く、ギター音以外が殆ど聞こえない状態だったのですが、
今回スピーカーから少し離して、もっと画面正面に近い位置から撮影したため、
ギター音以外(ボーカルとか)も以前と比較してよく聞こえ、画面も見やすくなったかと思っています。
ただ、この位置からですとベース譜面では逆に音が聞こえづらくなってしまう、という現象が曲によっては発生する事も解りました。そこはもう、今後は楽曲(譜面)によって最適な撮影位置を変えていく、という事にしようかと思っています。




・星のすみか
・SCREW DRIVER
・優勢オーバードーズ
・Pink Bird
・Before Daybreak



えーと。
ですね。

ここで私が力尽きてしまいました


まだ、言えるほどスコアが出せていないというのもありますが、
このペースで一度に10曲振り返るのはは、ちょっと無謀でした。






○第1回スターロワイヤル。中間経過


というわけで、何故か最後になってしまったのですが、
第1週目が終了した所での、私の途中結果をご紹介させていただきます。


<GuitarFreaks XG3・途中結果>


・CRAZY FOR YOU    5185538
・笑ってたいんだ      7000951
・POWER           6374743
・X-Plan           8376984
・紅蓮の焔          7460932
・星のすみか        5118321
・SCREW DRIVER     5003362
・優勢オーバードーズ   7168456
・Pink Bird          7726400
・Before Daybreak    4280254


・Total Groovy(合計点) 63695941



<DrumMania XG3・途中結果>


・CRAZY FOR YOU    5723071
・笑ってたいんだ      4834020
・POWER           5552689
・X-Plan           5297038
・紅蓮の焔         5620736
・星のすみか        5266976
・SCREW DRIVER     5146282
・優勢オーバードーズ   5234400
・Pink Bird           5403283
・Before Daybreak     5199255


・Total Groovy(合計点) 53277750




このような結果になっております。

正直、まだまだ全然満足できる結果になっていませんし、何だかんだ言っても負けると異常に悔しいので
あと1週間、KIAIの一念で駆け上がって行きたいと考えております。

どこまで時間がとれるかという課題もありますが、それはともかく
1週間後、どのような結末が待ち受けているのか。

どうなっても知らぬ!





人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村


<過去のギタドラ・ネットランキング+公式大会>

・ギタドラXG時代

第1回『Opening Trial』結末
第2回『PERFECT Trial』、予兆。
第2回『PERFECT Trial』、進行中。
第2回『PERFECT Trial』、終幕。
第3回『COMBO Trial』、予兆。
第3回『COMBO Trial』、幕前。
第3回『COMBO Trial』、進行中。
第3回『COMBO Trial』、終焉の時。
第4回『MASTER Trial』、開幕。
第4回『MASTER Trial』、途中経過。
第4回『MASTER Trial』、終幕。


・ギタドラXG2時代

ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、出発。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、1次予選・進行中。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、1次予選終了・冒険は続く。
ギタドラXG2、ポップン19の頂点を目指す戦い、『KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP 2011』(KAC)、2次予選終了。明日への誓い。




テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

GuitarFreaks XG3 & DrumMania XG3。ギタドラXG3、果て無く長き道のりへの第一歩。+本日のプレー動画撮影の登竜門7

皆様おはようございました。
吹田の国の旅人です。







本日の衝撃。







居酒屋



ザ・ショック(食)








○ギタドラXG3。スキル6500pts.、赤白ネームへの果てしなき戦い、今始まる。


改めまして、おはようございます。
本日、一日中降り続いた豪雨に圧倒的敗北を喫しましたが、

悔 い は 無 い !

吹田の国の旅人です。


では本日も、コナミ・音ゲー・ギタドラXG3・ギタドラV8ネタで参りますぞ。V8は久しぶりだ。



さて、ギタドラXGシリーズの新作、XG3が2012年2月23日に稼働開始してから、もはや1か月半が経過しようという、この御時勢ですが、
皆様楽しんでおられますでしょうか。


さて私はと申しますと、新作稼働開始以降は新曲や復活曲を中心にばかりして、プレーしてまいりましたが、ここに来てようやくスキルポイント上げに本格始動する事となりました。
いや、だってほら。新作稼働開始直後からいきなり新曲を投げ捨てて高難易度曲ばかりプレーって、何か、その。アレですよ。えーと。
忙しないではないですか。
いや勿論、私も昔そのようなプレーに走った事があったのです。あったのですが。
でも、何か、
物凄く空しくなるだけだったので、やめました。


というわけでですね。
いよいよスキル上げ、憧れのスキルポイント6500pts.、赤白グラデーションネーム目指して動き出したわけなのであります。
前作XG2でも、その境地を目指しておきながら、結局ギタドラ共に6500には届かず、という無念の結末を迎えてしまったので(ギタフリXG2は6420、ドラムXG2は6415)
今作こそはという想いは日増しに強くなってきたりしていたり、そんな勢いだピョオゥゥゥ!!(意味不明)

ギタドラをプレーされない来訪者の御方には、スキルポイントと言われましても何のことか想像がつかないかと思われますので、簡単に解説しておきますと。
ギタドラには伝統的に、今現在の自分自身のプレーの腕前を評価するシステムとして、
『スキルポイント』という概念が導入されております。これは言ってしまえば、
『難易度(数値)×達成率』
というシンプルで解りやすく、かつ適格な算出法で示され、『新曲上位25曲+旧曲上位25曲の上位50曲』の合計値で表示されるものであります。(達成率とは要するに、PERFECT判定率とかコンボ接続率などの、プレー内容に直接関与する数値を100%を上限として複雑な計算式で算定したものになっています)
(それとは別に『全曲スキル』という指標もあります)


で、実際にプレーしてきた個人的な印象なのですが。

新作XG3では、前作まで圧倒的に稼げていた楽曲が大挙してレベル表記下げの刑(要はスキルポイントを稼ぎにくくなった・まぁ本来あるべき姿に帰結したという見方をしておりますが)を受けてしまった一方で、
今まで圧倒的に稼げていたはずなのに、何故かレベル表記が上昇した楽曲も多かったので、総合的に見ると前作とは色々と様変わりし新鮮になりつつも、状況的にはあまり変化はないなという印象を持っております。これなら行けそうだ。


で、早速。





GUITARFREAKS-XG3-SKILL6000-3 DRUMMANIA-XG3-SKILL6000-3


↑GuitarFreaks XG3。スキル6000pts. + DrumMania XG3。スキル6000pts.


前作と同様の、スキル6000、赤ネームまで帰還してまいりました。
ここからが長く険しい、茨の道の始まりですが、力ずくで蹴散らしてくれる。どうなってもな!


というわけでして、現時点でのスキル表を。



<GuitarFreaks XG3。スキル表>


GUITARFREAKS-XG3-SKILL6000

GUITARFREAKS-XG3-SKILL6000-2



<DrumMania XG3。スキル表>


DRUMMANIA-XG3-SKILL6000

DRUMMANIA-XG3-SKILL6000-2




何だか、まだ掲載する段階でもなかったかもしれないような気もしますが、気にせぬ

今回、改めて纏めてみましたところ、1回プレーしてそのまま放置されていた曲が結構ありましたので、まずはそこから手を付けて行こうかなと。
と言いますか、旧曲は殆どが1発取り状態になってましたが。
新曲がまだまだ悲惨な事になっていますが、個人的にはスキル的に手応えありだったので、何だか行けそうな気がしてきます。



2013年、XG3終幕の時に私が迎える結末は

果たして

歓喜か絶望か。





○本日のプレー動画7。GuitarFreaks V8 & DrumMania V8 、断ち切れぬ誘惑。

さて、ギタドラはもう殆どXG3ネタで突き進んでおりますが。
今回は旧仕様のV8を久しぶりにプレーしてまいりました。

ギタドラV8は、ギタドラXG2稼働と同時期に稼働を開始したのでありますが(要は新曲がXG2仕様)、XG3に移行した後も、サービス継続してくれるようですね。

とは言いますが、V8にはまだまだ譜面がXG化されておらず、XG3に収録されていない楽曲が数多く眠っているのであります。そんな楽曲たちの妖しい誘惑に当然の如く負け、プレーしてきてしまいました。だが、それがいい。


今回はそんな中から、いくつか。
プレー動画は勿論、私がバリバリとプレーしながら撮影してまいりました






『GUITARFREAKS 11thMIX & drummania 10thMIX』カナリヤ:GFdm-MIX (nicaco)


GUITARFREAKS-11th-カナリヤ



(音量が大きいので注意)


ピンク色の素敵な筐体から届けられた、カナリヤ
楽曲フルサイズで4分オーバーで収録されているという、所謂ロング曲。(昔のボーナストラック曲)
XGになってからというもの、ロング曲が全く収録される気配が無さすぎるので、勢い余ってプレーしてきてしまいました。

この曲は個人的には結構思い入れがあって、数えきれないぐらいフルコンボ目指して立ち向かっていきましたが、結局繋ぐ事はかなわなかったという

今回、リベンジの意味を大いに込めてプレーしてきました。
が。
ロング曲はそうそう簡単には繋がらないね、という事を思い知らされる結末に。
というか、何故そこで切るのだ

むぅ、XGにまた来てくれないものかのう。








『GuitarFreaks V5 & DrumMania V5』 Terpsichore (斉藤由佳)


GUITARFREAKS-V5-Terpsichore



(音量が大きいので注意)


ギタドラV5収録の新曲の中では、個人的に圧倒的に評価が高かったのがコレTerpsichore
難易度的には高くないですが、この系統の楽曲もツボだった私は、相当回数プレーしたのを一昨日の事のように覚えていますよ。(昨日じゃないのか)

プレー動画は最もプレーしたギター譜面。ですが、ベース、ドラムもそれぞれ非常に良いので、また久しぶりにでもプレーしてみていただきたい楽曲だったりします。


XG収録への道のりは、まだまだ果てしなく長そうですが、頑張ってくれ







○最後に

長くなったが今回は以上だ。

また会おう!



以上。




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

Pop'n music 20 fantasia。ポップン20の新時代。本日のプレー動画撮影の登竜門6

皆様おはようございます。

人生五十年とか八十年とか、それは短すぎる。
どう少なく見積もっても、

あと4000年は生きたい

と思っている、吹田の国の旅人です。




×春先に出現した、台風並みの暴風雨

改めまして、おはようございます。
吹田の国の旅人です。

今週は何だか、台風並みの暴風が来たり、その後も色々来襲したりと、
本当に風が猛烈に強い一週間でしたね。
この時期の風が強い時って、何だか。

北の方向に行っても向かい風
東の方向に行っても向かい風
南の方向に行っても向かい風
西の方向に行っても、何故か向かい風

と、どの方角に向かっても、どういうわけか向かい風

に見舞われている気がするのですが、あれってどういう事なんですか。
どうしてなの!?(意味不明)




○本日のプレー動画6

では本日も、コナミ・音ゲー・ギタドラXG3・ポップン20Fantasiaネタで参りますぞ。


今日も理想のプレー動画撮影を目指して奮闘してまいりました。
その中でも、色々と面白そうな物を取り上げてみました。






(音量が大きいので注意)
『pop'n music 20』エピックトランス EPIC (Sota Fujimori) (EX)


実はポップンの新筐体(ポップン19から導入された、妙に巨大なヤツ)は、筐体付近のスピーカーは左側のみに付いていて、右側には付いていないのです。
その事を発見した私は、
「スピーカーのある左側から撮影したら、音的にも改善が見られるのではなかろうか?」
という思いに至りまして。
早速撮影してまいりました。左側から。

結論から言いますと、

「あんまり変化があるようには聞こえないね」

という、至極残念な結末を迎える事になってしまったのです。

おかしいな。


動画で取り上げましたこの楽曲『EPIC』(エピックトランス)は御存知の通り、序盤以外はひたすら単色乱打の鬼、単色乱打の悪魔、という何だか極まった感溢れる楽曲、譜面となっております。
ほぼ単色のみで1048ノーツ、は尋常ではないです。
プレー動画を見ておりますと、序盤以外もずっと2色連打が続いているように見えますが、全部単色乱打です。

個人的には、この系統の曲は非常にプレーしていて楽しいのですが、繋がりそうで繋がっていかない、何とも言えない感覚に毎回悶絶させられてもいたりします。





(音量が大きいので注意)

『pop'n music 10』 カリビアンビーツ SUMMER TIME (EX)


もう1曲。

交互連打好きにはたまらない一品である事でしょう。




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村

テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

吹田の国の旅人

Author:吹田の国の旅人
吹田の国に住む人の回想。

上のイラスト(筆者近影)は、『トリックスター』内のごった煮コンビ、鈍色カバリア堂様謹製。

CLARA-FIGHTER-2
上のイラスト(筆者近影2)は、『トリックスター』内の似顔絵同好会『あいゆえおえかき』所属の壱弐(いつじ)様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラスト(筆者近影3)は、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯謹製。(クリックすると大きくなります)

石ノ上古論様作

上のイラスト(筆者近影4)は、我が親愛なるブロ友・石ノ上古論御嬢様謹製。(クリックすると大きくなります)


まめぞう画伯作-吹田

上のイラストは、我が親愛なるブロ友にして、ぞうきんがけ絵士・まめぞう画伯による、筆者のイメージイラストです。(クリックすると大きくなります)



当ブログは『リンクフリー』かつ『アンリンクフリー』であります。
リンクを貼っていただいた方の所には、コッソリお邪魔させていただく所存です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム
誰でも大歓迎にございますよ。

この人とブロともになる

ギタドラ・スキルシミュレータ
詳細なスキル表

GITADORA GuitarFreaks
GITADORA DrumMania

プレーヤーIDは 『000051c344』 です。 人助けをするぐらいの意気込みで登録して頂ければ幸い。

GuitarFreaks XG 3
DrumMania XG 3



GuitarFreaks XG 2
DrumMania XG 2

GuitarFreaks XG
DrumMania XG

GuitarFreaks V7
戦績
GITADORA-GuitarFreaks_&_DrumMania_スキルポイントアピール1

ギタドラXG3のスキルです。
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラフレンド申請ページは
GuitarFreaks & DrumMania XG3 になります。

共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。


ギタドラXG2スキル
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。
RIVAL IDは『G1030007928113』
『D1030009227130』
でございます。共に高みを目指すぞという人、吹田の国にRIVAL心を燃やす人、何となくRIVALにしてみたい人。誰でも歓迎です。



POPN-MUSIC-20-戦績
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!





ポップン19
ポプともIDは『1496-1104-3254』にございます。
登録は誰でも歓迎です。
登録したその時から、我々は戦友だ!



ギタドラXG

ギタドラV7
詳細なスキル表は、上にあります(ギタドラ・スキルシミュレータ)。

ギタドラV6

ギタドラV5

G2ex様のツールにより作成しました。
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
ブロとも一覧

くらふと栽培区域

― EED ―

ヘンリー田嶋のにわほーき生活

くすりふる。 ~絵と映画と小説とその他諸々ごちゃ混ぜブログ~

まぁ、めずらしく、ぞうきんがけしたら、うまくなってた

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

虹色ドロップ

Osaka-O-Sucker

★ Supaku Blog ★

Tairu's Diary ~たいるの日記~

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

在の世界

七人と透明な私

復活ゆなゆさちゃん

H0nNe96の雑記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。